西野七瀬、ゆきぽよと“花”にまつわる衝撃体験で意気投合

TV 公開日:2019/03/06 22
この記事を
クリップ

5日に放送されたガールズトークバラエティ「グータンヌーボ2」(カンテレ、火曜深夜0時26分~ ※関西ローカル)で、元乃木坂46の西野七瀬が、若槻千夏ゆきぽよをゲストに迎えロケを行った。

若槻&ゆきぽよのギャル2人と西野という異色の組み合わせで行われた今回のロケ。西野は2人に対し「全然違う世界の人だ…」という印象を抱えつつ、ロケはスタートした。




若槻に「一人暮らしなの?どんな部屋なの?」と聞かれた西野は「シンプルです。ベッドのカバーや枕は全部無地のグレー」と、女子っぽい部屋ではないというインテリア状況を披露。さらに「観葉植物は一時あったんですけど、世話できなくて、サボテンも枯らせちゃって…」と告白すると「サボテン枯らせた女!?」と若槻&ゆきぽよも衝撃のエピソードを披露した。

さらに西野は続けて「お花をドライフラワーにしようと思って寝室で逆さに吊るしていたら、次の日チェックできなくて何日も置いていて、そろそろ枯れたかなと思って見たら、虫の卵があったみたいで虫が…」と衝撃のエピソードを披露し、一同大爆笑。

そのエピソードにゆきぽよも「私も同じことしたことあります!彼氏から“浮気してごめんなさい、永久にあなたを愛します”の意味で108本のバラをもらって、ドライフラワーにした後に瓶に入れてたんですけど、虫が…!」と暴露。

花にまつわる衝撃のハプニングで、元アイドルとギャルの異色の組み合わせが意気投合していた。


(C)カンテレ