“完璧なハマり役”と大絶賛、夏木マリの「Dr.くれは」が見事映像化

TV 公開日:2019/03/05 8
この記事を
クリップ

女優の夏木マリが出演する求人検索エンジン「Indeed (インディード)」の新CM「チョッパー 助手 バイト」篇が3月5日より全国オンエアされる。このCMは、昨年の 12 月 31 日から放送が始まった「ONE PIECE」のメンバーが登場する CM シリーズのスピンオフ。

本CMは、2019年1月7日から開始した CM「チョッパー 助手」篇内で募集した、“特別な仕事”の様子を映像化した作品。“特別な仕事”は、Indeed 上で「チョッパー 助手」と検索すると、「ヒルルクの桜」の点灯補助業務という 1日限りの“チョッパーの助手としての仕事”に応募できるという企画だ。2月14日の東京・六本木で実際に開催された、その“特別な仕事”「チョッパー 助手」だが、当日“採用“された約 100 名が「ヒルルクの桜」の点灯補助業務に従事している姿や、夏木が Dr.くれは役としてサプライズ参加をした様子は、報道やSNS等で大きな話題となった。





その反響に応え、「チョッパー 助手 バイト」篇をスピンオフCMとしてオンエアすることになった。“完璧なハマり役”と絶賛された夏木を Dr.くれは役に迎え、2月14日に実施した“特別な仕事”「チョッパー 助手」を見事に映像化。サクラ王国の医師団(イッシー20)に扮した、”特別な仕事”に”採用された”参加者が、「ヒルルクの桜」の再現を一目見ようと集まった人たちを喜ばそうと、必死に働いている。その姿を見た Dr.くれは役の夏木マリは、「あの顔をご覧よ。こういう瞬間のために、人は働くのかもしれないね。」と一言。仕事をする楽しさを表現した感動あふれる作品となっている。


夏木マリ CMインタビュー

Q) 今回の撮影の感想を教えてください。
夏木:この素晴らしいドラム王国で、すごく綺麗な画の中に“Dr.くれは”として立たせていただいてすごく気持ちよかったです。

Q) Dr.くれは役を演じる上で意識した点を教えてください。
夏木:ワンピースは熱狂的なファンの方がいっぱいいらっしゃるし、この“Dr.くれは”もとても個性的な役なので、ファンの皆さんに楽しんでいただけるように演じられれば良いなと思って演りました。

Q) ONE PIECE で好きなシーン(またはキャラクター、エピソード)を教えてください。
夏木:(Dr.くれはの)登場シーンが一番格好良いと思いますが、彼女が自分らしく仕事をブラッシュアップしていくというキャラクターは、働く女性として憧れるので、そういう女性になりたいなとも思います。ギャランティー(報酬)もしっかり確保するところも良いですね(笑)。

Q) Dr.くれは の口癖は「ハッピーかい?」ですが、夏木さんが考える「ハッピー」に生きるための秘訣を教えてください。
夏木:1日1回笑うことかしら・・・そういう風に心がけています。とにかくネガティブなものは周りに置かない。“ハッピー”なものしか置かないようにしています。

Q) 「麦わらの一味」のキャラクターと同じ様に、夏木さんは“自分の好きなこと(俳優・アーテスト等の活動)”を極めてお仕事をされています。夏木さんのように “自分の好きなこと”を仕事にするためのアドバイスをお願いします。
夏木:“好き”なことに対しては、行動が伴うはずなので、“好き”だけで終わらないようにすることですね。常に自分で整理して、動いていくということが必要だと常々思っています。困難が立ちはだかった時にも、“好き”だったら克服できますよね? “好き”だからこそ次に行ける。そして“好き”だからこそ、その対象を極めなければいけない、という責任はありますね。

この記事の画像一覧 (全 12件)

関連タグ