浜辺美波、ツインテールでアイドルコスプレ披露も「なかなかくるものがあった…」

TV 公開日:2019/03/04 15
この記事を
クリップ

女優の浜辺美波が4日、都内で行われたMBS/TBS連続ドラマ「賭ケグルイ season2」の完成披露試写会に、高杉真宙森川葵松村沙友理乃木坂46)、中川大志、英勉監督と参加した。



劇中でツインテールにアイドルコスプレで松村とアイドル対決をした浜辺は「現役のアイドルさんと並ぶのは本当にプレッシャー。どうしよかと思った。衣装合わせの時からこの日はX DAYだと思った」と苦笑いも「中途半端な気持ちでやるとダメだと思ったので、心の底からアイドルになりきりました」と熱演報告。対決相手であり現役アイドルの松村からは「すごく可愛かった。私からしたら、急に本当のアイドルが出てきた感があってプレッシャーが凄かった」と太鼓判で、浜辺は「いっぱい努力しました。でも我に返るとなかなかくるものがあった」と大テレだった。

松村もアイドル姿の浜辺との歌唱&ダンスシーンを振り返り「(浜辺は)完璧でした。レッスンの時に今までダンスをやっていたのでは?と思うくらいの完璧さがあった。アイドル性も出ている」と絶賛。それに浜辺は「松村さんの5倍くらい練習をしたし、顔で踊ることを意識して顔面で踊っていました。現場でも『踊っている感を顔で出す』と宣言していたくらい。『賭ケグルイ』は結構自分からグイグイと言っていくスタイルです」と舞台裏告白で笑わせた。

舞台は、ギャンブルの強さがすべての私立百花王学園。リスクを負うことに快感を覚える“賭ケグルイ”の転校生・蛇喰夢子(浜辺)が、学園を支配する生徒会が送り込む百戦練磨の刺客(ギャンブラー)たちと様々なギャンブルで死闘を繰り広げる。

この記事の画像一覧 (全 5件)