「はじこい」横浜流星がマイヤン4人に嫉妬、遂に“エンドーカメラ”に登場

TV 公開日:2019/03/02 17
この記事を
クリップ

TBSで毎週火曜よる10時から放送中の火曜ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(はじこい)。原作は隔月刊「クッキー」(集英社)に連載中の持田あきによる同名漫画で、恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子が、タイプの違う3人の男性からアプローチされるラッキー・ラブコメディだ。主人公の残念なアラサー女子・春見順子を深田恭子が演じ、永山絢斗横浜流星中村倫也が順子にそれぞれアプローチする男性役。タイプの違う男性3人の順子に想いを寄せ距離を近づけようとする姿が「キュンとする」と女性視聴者を中心に話題となっている。

また、横浜流星演じる由利匡平が通う南高校で、いつも匡平の仲間のマイルドヤンキー、通称“マイヤン”のエンドー(永田崇人)、ナラ(堀家一希)、カブ(櫻井圭佑)、木佐(若林拓也)の明るく愉快なやりとりも「はじこい」には欠かせない要素のひとつだ。そんなマイヤンメンバー4人が「【WEB限定】はじこい特別企画」として「エンドーカメラ」と「マイヤン360°トーク!!」の2つの企画で動画を配信している。4人の赤裸々な会話や素顔を披露し話題になっている。

そんな人気動画「エンドーカメラ」についに横浜流星が初登場する。




これまでタイミングが合わず撮影ができなかったが、横浜本人も「俺もマイヤンの一員だ!」と豪語しており、満を持しての「エンドーカメラ」出演となった。動画の中で横浜は「マイヤン4人に嫉妬した」と話しているが、その理由とは・・・?ほかにもマル秘話が続々と飛び出す!マイヤンのWEB動画を楽しみにしている視聴者からも「マイヤンは5人組!」「ゆりゆり出て来ると信じてる!」など、横浜の登場を待ち望む声が多数上がっていた。ついに5人揃ったマイヤンの限定動画は本日から公開。ドラマ本編とともに、WEBでしか見ることができない動画もチェックしてみよう。


■「エンドーカメラ」とは
エンドー役の永田崇人が自らカメラを持ち、マイヤンメンバーを撮影。彼らの控室での様子や、エンドー(永田)だから撮影できる仲の良さが伝わる内容に、「マイヤン最高!」「次回の更新も楽しみ!」とSNSで話題となっている。

■「マイヤン360°トーク!!」とは
360°撮影できる特殊カメラで、マイヤン4人を撮影。視聴者は上下左右と自由に角度を動かし、見たい角度で動画を見ることができる。2月26日に公開した第4弾では、マイヤンメンバーのオーディション秘話や、マル秘ゲストとして有賀聡プロデューサーが途中参加し、マイヤン4人の起用理由を話すなど、普段聞けない彼らの心境が垣間見える内容になっている。ほかにも、共演している出演者の意外な一面や、撮影現場の雰囲気など裏トークを赤裸々に語っている。

■今後の更新予定
・3月2日(土)午前11時公開
【WEB限定】はじこい特別企画エンド―カメラ⑥ついに由利匡平役 横浜流星登場でマイヤン勢揃い!!『初めて恋をした日に読む話

・3月5日(火)午前7時公開予定
【WEB限定】はじこい特別企画エンドーカメラ⑦横浜流星がご褒美連発!!『初めて恋をした日に読む話
【360度動画】はじこい特別企画マイヤン360°トーク!!⑤ マイヤンメンバーが年上女性の魅力を語る!『初めて恋をした日に読む話
※動画は毎週土曜日と火曜日に番組公式サイト、Twitter、TBS公式YouTubooにて更新予定。


(C)TBS