ダウンタウン浜田雅功、同級生・勝村政信と世界的絵画になりきり、ついに芸術に目覚める?

TV 公開日:2019/02/25 17
この記事を
クリップ

ダウンタウンの浜田雅功とゲストの相方、スタッフが、五分五分の立場でロケをおこなうMBS「ごぶごぶ」(毎週火曜よる11時56分~放送、関西ローカル)。2月26日(火)放送の相方は、浜田と同級生で「HERO」「ドクターX~外科医・大門未知子~」をはじめ、ドラマに映画に引っ張りだこの大人気俳優・勝村政信。

 

「俺たちは正しい背中を若者たちに見せなきゃいけない!」と熱弁する勝村が決めたロケテーマは、 “浜ちゃんの心を鍛えて、深みのあるイイ大人にしよう!”。 前回に引き続き、 勝村が思う「浜田に足りないものを学べるスポット」を巡っていく。

 



「浜ちゃんには芸術的センスが足りない。芸術の素晴らしさをわかってほしいのよ。」と向かったのは、勝村と20年来の友人という世界的芸術家・森村泰昌氏の個人美術館。ここでは、森村氏が作ったフェルメールの絵画を再現した空間の中に浜田と勝村が入り込み、 絵画の中の人物になりきるアートを体験する。浜田はフェルメールの代表作「牛乳を注ぐ女」の女になるなど、2人は“絵画芸術”を再現。出来上がった作品はこれまた名画に?世界的作品の一部になりきった浜田と勝村の様子は必見。

 

さらに、勝村が浜田に“渡哲也感”を教えることに。名優・渡哲也に少しでも近づくために勝村は、渡の趣味だという焚き火をやろうと提案。2人で焚き火をしながら俳優界の驚愕エピソードを明かす。浜田が初めて挨拶をした時にわざわざ立ち上がって丁寧に挨拶をしてくれたという人格者・渡。その人間性の裏には、渡の先輩である石原裕次郎の影響があった?さらに、映画「仁義なき戦い」の俳優で一番怖かった人物や、名俳優の知られざるエピソードなど、浜田と勝村だからこそ知る話が続々と飛び出す。そして最後は、健康にいい?という、なんとフェラーリ1台分の値段がする、ある“乗り物”が登場。最近健康を心配している2人ためにスタッフが用意したこの乗り物に勝村が乗って浜田が操縦。「かっちゃんは今ぐるぐる回っております」。 勝村の身に一体何が起こったのか、番組をチェックしよう。


<出  演>

浜田雅功

勝村政信 ほか



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)