「グッドワイフ」丸山智己、水原希子の過去を知る謎の男役で登場

TV 公開日:2019/02/23 12
この記事を
クリップ

俳優の丸山智己が24日放送のTBS日曜劇場「グッドワイフ」の第7話から出演することがわかった。

毎週日曜よる9時から放送中のTBS日曜劇場「グッドワイフ」。常盤貴子をはじめ、小泉孝太郎、水原希子、北村匠海、滝藤賢一、博多華丸、賀来千香子、吉田鋼太郎、唐沢寿明ら日曜劇場ならではの豪華キャストが集結し、注目を集めている。




2月24日(日)放送の第7話から、映画・テレビ・舞台で活躍中の俳優・丸山智己が出演する。丸山が演じるのは、神山多田法律事務所のパラリーガル・円香みちる(水原希子)の過去を知る謎の男・木内幸久。円香は独自のルートで重要な情報を手に入れ、杏子(常盤貴子)や多田(小泉孝太郎)ら弁護士たちの右腕となっている優秀なパラリーガル。一方でプライベートや彼女の情報源はこれまで謎に包まれていた。しかし今回、木内が突然円香の前に現れることで円香の状況は一変する。果たして木内はどのような人物なのか? 円香がひた隠しにしてきた過去とは一体なんなのか? そして、木内の登場が円香と朝飛(北村匠海)の関係性にどのような影響を及ぼすのか? さらに木内が握る重要な情報が、杏子を、そして神山多田法律事務所を大きく揺さぶる・・・。

また、壮一郎(唐沢寿明)の収賄事件で重要なカギを握る内閣府の職員・家入繁明役で間慎太郎が出演する。お笑い芸人の間寛平を父に持ち、シンガーソングライターとして活動するかたわら、ドラマやバラエティ番組でもマルチに活躍する間の演技にも注目だ。

<丸山智己コメント>
木内という役について監督と話し合い、円香にとって逃れられない精神的な呪縛のような存在でいられたらという思いで演じました。この先、木内によって円香の秘密が明らかになり、登場人物たちに衝撃が走ります。クールな円香が今まで抱えてきた様々な想いが動き出します。いい意味で視聴者のみなさんをザワつかせることができたらうれしいです。お楽しみに!

(C)TBS

この記事の画像一覧 (全 2件)