小栗旬×ムロツヨシ 旧友から宿命のライバルへ、バチバチの対立劇が必見「二つの祖国」

TV 公開日:2019/02/14 8
この記事を
クリップ
}/

俳優の小栗旬ムロツヨシが出演するテレビ東京開局55周年記念企画ドラマスペシャル「二つの祖国」が、3月23日(土)、24日(日)の二夜連続で放送されることが決定した。

「二つの祖国」は、発行部数250万部突破の大ベストセラーである、山崎豊子著『二つの祖国』を、民放で初めて映像化する。1900年代、第二次世界大戦前・中・後のアメリカと日本を舞台に、歴史に翻弄されながらも激動の時代を生き抜いた日系アメリカ人二世たちの、愛と奇跡の青春群像劇を壮大なスケールで描く。



主演は、テレビ東京ドラマ“初”主演となる小栗旬。日系二世で、ロサンゼルス・リトルトーキョーの日本語新聞社「加州新報」の記者である主人公・天羽賢治役を熱演する。アメリカ人であると同時に日本人であることに誇りを持つ賢治(小栗)と、ムロツヨシ演じる、アメリカで成功するため日本人であることを捨て去ろうとするチャーリー田宮。数々の作品で共演を果たしてきた小栗とムロが、これまでとは全く違うシリアスで微妙な人間関係を演る。火花を散らすが如くの、バチバチの対立劇は必見だ。

そしてこのたび、天羽賢治(小栗)とチャーリー田宮(ムロツヨシ)の豪華共演シーンを初解禁。1枚目は日米開戦後、アメリカ軍の言語兵のリーダーとしてフィリピンのバギオに渡った賢治と、マッカーサー司令部で中尉となったチャーリーがその戦況について言葉を交わす緊迫のシーン。そしてもう1枚は終戦直後、連合国側の人間として東京裁判の審理をモニターする重責を担った賢治と、マッカーサー元帥の副官にまで上り詰めたチャーリーが将校クラブで顔を合わせるシーン。軍服姿の二人の様子はこれまでの共演作品とは違う一面を見せる、「二つの祖国」ならではのシリアスかつ貴重なワンシーンとなる。旧友でありながら、激動の時代の中宿命のライバルへと変わっていく二人の関係。実はこの二人、愛する人をめぐり対立する恋のライバルでもあった。その恋のお相手は後日発表されるので、続報をお待ちいただきたい。

《番組概要》
【番組名】 テレビ東京開局55周年特別企画 ドラマスペシャル 「二つの祖国」
【放送予定】 2019年3月23日(土)、24日(日) ともに夜9:00~11:24 2夜連続放送
【原作】 山崎豊子『二つの祖国』(新潮文庫刊)
【脚本】 長谷川康夫(「なぜ君は絶望と闘えたのか」「聯合艦隊司令長官 山本五十六 太平洋戦争70年目の真実」「柘榴坂の仇討」「起終点駅 ターミナル」)
【音楽】 稲本響
【出演】 小栗旬 ムロツヨシ高良健吾 新田真剣佑 原菜乃華麻生祐未 松重豊 ほか
【監督】 タカハタ秀太 (「ホテルビーナス」「原宿デニール」「赤めだか」)
【プロデューサー】 田淵俊彦(テレビ東京)北川俊樹(テレビ東京)藤尾隆(テレパック)河原瑶(テレパック)
【制作協力】 テレパック
【製作著作】 テレビ東京
【放送局】 テレビ東京系(TX、TVO、TVA、TSC、TVh、TVQ)


©テレビ東京

この記事の画像一覧