「はじこい」横浜流星が深キョンに放った“一言”の破壊力がすごい

TV 公開日:2019/02/13 24
この記事を
クリップ

TBS系火曜ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(はじこい)は、12日に第5話が放送され、“ユリユリ”こと由利匡平(横浜流星)が、想いを寄せる順子(深田恭子)に電話で言った“一言”にキュンキュンする人が続出した。


アラサー鈍感塾講師・順子は、東大合格を目指すピンク髪の高校生・匡平に自分の参考書を貸そうと、匡平とともに自宅へ向かう。自宅近くで順子の母親・しのぶ(壇ふみ)と偶然遭遇。「あんな子が簡単に東大に受かるわけないじゃない」としのぶに辛辣な言葉を浴びせられ、順子は「私の生徒を否定することは許さない」と声を荒げて反抗。その姿を傍で見ていた匡平から順子に電話がかかってくる。

風呂上がりにタオルを肩にかけ、バキバキな腹筋がのぞくその肉体美にまず目が行くのだが、そこからの電話でのやりとりが「キュンとくる♡」「シンプルなのに、癒し効果半端ない」と大反響となった。(以下、ネタバレあり)


順子(深田恭子)を気遣い、

「元気?」

と優しく問いかける匡平(横浜流星)。初めて母に大声で言い返したと明かす順子に、「うん。でも俺は嬉しかった」と、自分を守ってくれた順子への気持ちを素直に話し、もう一度

「元気?」

と問いかける。順子への想いが凝縮したような愛情溢れる問いかけに、順子は「うん、今元気になった」と涙ぐみ、「ゆりゆりは?」と返すと「元気。それだけ。おやすみ」


文字で書いてしまうと、何ということのない会話かもしれないが、横浜の柔らかな声のトーンや表情が加わることで、とんでもない威力を発揮。会話の中で2回「元気?」が繰り返されたことも女性陣の心をくすぐったようだ。SNS上では、『元気?って言葉がこんなにもキュンキュンするなんて』『ゆりゆりの「元気?」が死ぬほど萌えた』『あの元気?の言い方ずるい。』『ゆりゆりの「元気?」はじーんときた』『元気ってくだり配信してほしい』『「元気?」って聞かれたい』と、たった一言の「元気?」に視聴者たちが反応。次々とこのシーンに関するコメントが投稿された。




ドラマでは、この後、模擬試験で思うように結果が出ず落ち込む匡平に、今度は順子の方から「元気?」と問いかけるシーンもあり、2人の間で「元気?」は特別な言葉となったようだ。

次週予告では、この「元気?」とはまた違った、破壊力のある“一言”が投下されている。順子を巡る恋に、元ヤン高校教師・山下(中村倫也)も本格参戦し、恋がヒートアップする「はじこい」に、引き続き注目しよう。


(C)TBS

この記事の画像一覧 (全 5件)