『テラスハウス』新シーズン制作決定、東京を舞台に男女6人が青春の日々を送る

TV 公開日:2019/02/12 7
この記事を
クリップ

Netflixとフジテレビが運営する動画配信サービスFODで配信中の人気リアリティショー 『テラスハウス』の新シーズンの制作が決定した。
 




現在、長野県・軽井沢を物語の舞台に、「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」(テラスハウスオープニングニュードアーズ)と題し、見ず知らずの男女6人による、台本のない日々を記録中。現在テラスハウスに入居しているのは、地元、軽井沢出身の大学4年生で現在就職活動中の田中優衣(22)、 文化服装学院に通う木佐貫まや(20)、プロスケーターの中田海斗(21)、元プロサッカー選手の福田愛大(24)、モデルの谷川利沙子(28)、ゲスの極み乙女。のベーシスト和田理生(31) の6名。 本日2/12(火)配信の第49話で軽井沢編の最終回を迎える。

そして、 新シーズンの制作が決定。舞台は東京。2020年夏、56年ぶりに東京オリンピックが開催されるこの地で、男女6人の新たな青春の日々が再びスタートする。Netflixは2019年5月から、FODでは2019年6月から配信を予定している。

さらに、新シーズン「TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020 」では、番組HPにて新しい住人を募集している。詳しい応募条件については、テラスハウスHPをチェックしてみていただきたい。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連記事