グータンロケ初参加西野七瀬、まさかのMC丸投げ?マイペースぶりや関西弁が話題

TV 公開日:2019/02/06 16
この記事を
クリップ

女優の長谷川京子、フリーアナウンサーの田中みな実、モデルの滝沢カレン、そして昨年末に乃木坂46を卒業した女優・西野七瀬の4人がMCを務めるガールズトークバラエティー「グータンヌーボ2(読み方:グータンヌーボヌーボ)」。MC陣の中から毎週1人が女性ゲストと都内近郊のカフェやレストランを訪れ、ロケを敢行。台本無し、据え置きカメラのみの密室空間で、ゲストと恋や生き方についてたっぷり語り合う。2月5日(火) 深夜0時25分~0時55分放送(関西ローカル)の第4回目のMCは、初ロケ参加となった西野七瀬。当初は「どうしようって感じだった」と不安を募らせるも「めっちゃ楽しかった」とのこと。その内容とは―。




お店に、最初に到着したのは西野、続いてガンバレルーヤまひる。初対面の2人はお互い人見知りのため会話が続かない。まひろが唐突に「ここにニキビできちゃいました」などと一生懸命話題を振るも返答に困る西野。そこへやっと飯豊まりえが登場、西野とはプライベートでも仲が良いらしく、対面するやいなやハグ。若干取り残され気味のまひると、さっきまでとは打って変わった雰囲気にスタジオから笑いが。VTRを観ていた西野もこれには「ダメですね」と反省していた。


やっと3人そろい「何話す?」と飯豊に聞かれるも「私もちょっと分かってない。まりえちゃん頼み」とまさかのMC丸投げ宣言。一番年下ながら、他番組でもMCを務めている飯豊が場を回すことに。しかし、まひるの出身地鳥取の砂丘を知らず「何々?それ食べ物?鳥の名前??」とさっそくボケをかましていた。


一方、西野の出身地が大阪であることから「関西弁しゃべってください」とのリクエストが。「タメ口やったら話しやすい」「ほんま?」などと話しはじめ、普段とのギャップに一同「かわい~」と称賛していた。


恋愛の話になると、まひるは、亡くなった祖父の遺品の時計を着けてライブに出たところ、ガリットチュウの熊谷も全く一緒の時計を着けていたと話し、「運命だと思っちゃって。勝手に好きになっちゃって、キスしたいと思ったんです」と続ける。それを聴いて、飯豊は興奮して笑いが止まらず、一方西野はあまり興味がなかったのか、表情を変えずご飯を食べ続けるというシュールな構図に。


さらに、「いつも好きになったらただキスしたいだけ」というまひるに飯豊が「本当に好きになったら、素敵な食べ物とか、美しいものを観た時にあの人にも食べさせたい、みせたい(と思う)」と熱弁している間も、黙々とご飯を食べ続ける西野。これにはスタジオから「ずっと食べてるね」「お腹すいてた?」と突っ込まれていた。


西野のマイペースぶりは続き、2軒目に移動するタクシーの中でも若干寝たり、連絡先を交換しようとなるも、「ケータイ、コートの中だ」といい、なぜか他の2人が取りに行ったりいう様子が映し出される。


ロケ終了も近づき、話題はやっと女子会っぽい結婚になると、ゲーム好きの西野は「(ゲームを)一緒にやってくれる人もいいなって思うけど、2人で引きこもってたらあんまり良くない気はするから。バランス見て外に連れてってくれるような人じゃないと…」とそこは冷静な分析をしていた。


最後は「次からすごい不安かも。今回がこんなに和やかにできると思ってなかったから、すごい楽しくて…」と口にする西野に「大丈夫だよ。なんか落ち着くなあちゃん」とまひるから優しい言葉をかけられ「うれし~」と頭をもたげ喜ぶ。初対面の気まずさはどこへ、このロケですっかり打ち解けたよう。西野のおっとりしたマイペースぶりや関西弁などを楽しめた今回、これから先のロケでもどんな一面を見せてくれるのか期待したい。


(C)カンテレ