ドラマ「トレース」錦戸亮らが科捜研で使う必需品紹介

TV 公開日:2019/01/31 7
この記事を
クリップ
}/

関ジャニ∞の錦戸亮が主演を務める“月9”ドラマ『トレース~科捜研の男~』(毎週月曜21:00~)のスタッフブログが29日に更新。“科捜研トリビア”を紹介した。

同ドラマは、累計40万部突破の大人気コミック『トレース~科捜研法医研究員の追想~』を原作として実際に起きた事件や経験をベースにリアリティーたっぷりに描く本格科捜研サスペンス。また、ドラマの魅力をより多くの方に知っていただくために開設した同ブログは、楽しい撮影の裏話やキャストの素顔を垣間見れる瞬間を期間限定でアップしていく。





この日のブログでは、「科捜研の研究員の必需品」として、手袋やマスク、靴カバーを紹介。特に手袋について、錦戸は「紫の手袋を使っていますが、実は色は数種類あって、研究員の好みで使い分けているんです」とドラマの1シーンとともに明かした。

さらに、それぞれの研究員たちのデスクの上には「自分のDNA型のデータ」が用意されているといい、「鑑定中の資料に、万が一自分や他の研究員のDNAが混入してしまったら、すぐにわかるようにDNA型のデータを持っておくのです」と説明。「ドラマでもセット内の各研究員のデスクに、このようにちゃんと用意されているんですよ」と写真を公開し、「科捜研の必需品にもご注目下さいね」と呼びかけた。

この投稿に「こういうちょっとした小道具一つもちゃんと意味があると思うと何度も見返したくなります」「今後のトリビアも楽しみにしてます!」「来週も放送楽しみにしています」などのコメントが寄せられている。

トレース~科捜研の男~』第5話は、2月4日(月)21:00~放送。被害者が残した“痕跡”=トレースが語る事件の意外な真相とは―。殺人事件の容疑者は18年前に誘拐されたまま行方不明の女児?真野が真実を追う。

この記事の画像一覧