広瀬すず 新CMで“やけ泣き”、自身も経験「圧倒的に多い」

TV 公開日:2019/02/01 12
この記事を
クリップ

ソフトバンクは、現代を生きる人々の生活に欠かせない「音楽」を主役に展開する、「SoftBank Music Project」として新テレビCM「バレンタイン」篇(30秒)を、2019年2月1日(金)から全国で放映開始。

新テレビCMシリーズ第2弾として放映する「バレンタイン」篇では、人気ロックバンドのクリープハイプとコラボレーションし、新テレビCMのために書き下ろした『ニガツノナミダ』をテーマソングに採用。新テレビCMの主人公には、広瀬すずが登場。今回は、恋する女の子が想いを伝えるバレンタインの日に、主人公が想いを寄せる先輩に、手作りのバレンタインチョコを渡せなかったことから起こる、ちょっぴり切なく、心揺さぶられる物語となっている。クリープハイプのスタイリッシュなサウンドと主人公の姿を描写した歌詞にも注目だ。

CMでは、憧れの先輩に、手作りしたバレンタインチョコを渡せず途方に暮れる広瀬。悲しみをまぎらわすため、クリープハイプの動画を見ようとするが、通信速度制限がかかってしまい、SNSすらも満足に見られなくなってしまう。あまりのショックに、号泣しながら街をさまよっていると、いつの間にか周りが雪景色に一変。大好きな動画やSNSを心置きなく楽しむために、Wi-Fiスポットを探し求めて歩き続けた結果、大雪原に迷い込むことになるストーリーを通じて、「速度制限にしばられるな」のメッセージとともに、対象の動画サービスやSNSが使い放題となる新サービス「ウルトラギガモンスター +(プラス)」の魅力を表現している。

広瀬すず インタビュー>
――今回のクリープハイプさんの楽曲を聴いた時の印象をお聞かせください。

私自身、普段からクリープハイプさんの曲を聴いています。独特の声がとても印象的なのですが、今回は歌詞に「Wi-Fi」という単語が入っているところが、斬新だなと思いました。クリープハイプさんの世界観と、新テレビCMの映像の世界観が、どんな風に混ざって、ひとつの作品になるのか、いい意味で想像できないというか。ほぼずっと泣いているお芝居でしたが、クリープハイプさんの曲に乗せて、ほっこりしたストーリーになっていると思うので、完成がすごく楽しみです。

――「やけ泣き」という歌詞が出てきますが、広瀬さんは「やけ泣き」を経験したことはありますか?

悲しい涙とか、映画を見て泣くよりも、「やけ泣き」と言えるような経験の方が圧倒的に多いと思います。小さいことで、すごく悔しくなって泣いたり、感情がそこまでいっていないはずなのに、勝手に涙が出ていたりとか。昔、部活をやっていた時、自分が言おうとしていたことが言えず、違う方向に進んでしまった経験があって、その時、自分が何か一言言えば、きっと変わっていたはずなのにと。それを思い出して、いまだに泣いたりすることがあります。学生時代は特に、そういうことが多かった気がします。

――空き時間や休日にスマホで動画を見ることはありますか?

休日どころか、ほぼ毎日見ています。一時期は、ドキュメンタリーとか、子役の方々のレッスンに密着する動画とかを見ることが多かったんです。最近はドラマの現場で、芸人さんの動画を見ることにハマっていて、ひたすら共演者のみんなと笑っています。少し疲れてきたなという時、芸人の皆さんの笑いから、エネルギーや元気をもらっています。

――バレンタインのチョコを渡す勇気が出ない方に、勇気が出るメッセージをお願いします。

私もなかなか勇気が出ないタイプで、迷惑じゃないかなとか、先のことをいろいろ考えてしまうんですが、最近はいくら考えても正直、現実はあまり変わらないのかなと思うようになりました。心残りは何年経っても、ずっと続きますし、今の素直な気持ちはたぶん、今しか相手に伝えられないんじゃないかなと思います。




クリープハイプ インタビュー>
――ソフトバンクの新テレビCMに出演された感想をお聞かせください。

尾崎世界観:音楽と一緒にやっていくというコンセプトを聞いた時、とてもワクワクしました。ここまでしっかり音楽を使うテレビCMは見たことがないのですごく嬉しかったです。

――お父さんと共演された感想をお聞かせください。

尾崎世界観:テレビでずっと見ていたので、実際に会えた時は「本物だ」、と思いました。最初はお互いの距離感が掴めず緊張しましたが、最後には同じ目線で向き合えたと思います。

――新テレビCMコンセプトが「しばられるな」ということで、クリープハイプさんがしばられたくないものは?

尾崎世界観:逆に僕縛られたいですね。なかなかこうずっとやっていくと、誰も縛ってくれなくなるので、そういう意味では今回、新テレビCMをやらせていただいて、縛ってもらえるのはいいなと思い、そういう曲にしました。ネガティブな意味ではなく、「しばられるな」ということに縛られたので、すごく楽しく、有意義な時間を過ごせた気がします。

――バレンタインデーの思い出をお聞かせください。

小泉拓:僕が行っていた学校の創立記念日がバレンタインデーでして。

尾崎世界観:え、全部休みになっちゃうんですか?

小泉拓:そう。3年間。ぜんぜん面白くなかった(笑)。

尾崎世界観:そんなバンドなので、今回「バレンタイン」をテーマにした新テレビCMに関わらせていただけて良かったなと思います!


■新テレビCM概要
タイトル:ソフトバンク 新テレビCM「バレンタイン」篇(30秒)
出演:広瀬すずクリープハイプ
テーマソング:『ニガツノナミダ』(クリープハイプ
放映開始日:2019年2月1日(金)
放送地域:全国

この記事の画像一覧 (全 5件)