田中みな実、女優挑戦の記者会見でド緊張「どうしよう」

TV 公開日:2019/01/30 15
この記事を
クリップ

フリーアナウンサーの田中みな実と女優の片瀬那奈が30日、都内で行われたフジテレビ系連続ドラマ「絶対正義」(2月2日午後11:40スタート)制作発表会見に、主演の山口紗弥加、共演の美村里江桜井ユキと参加した。



間違ったことや違法なことを絶対に許さない“正義のモンスター”主婦・高槻範子(山口)が、高校時代の友人たちを恐怖に陥れていく。妻子ある男性と不倫関係に陥る女優、という役どころで連ドラ初出演の田中は「いい歳をして恥ずかしいけれど、緊張しています。どうしよう、はい、すいません」と慣れない立ち位置での記者会見にド緊張。「こっち側に座るのがこれほど緊張するものなのかと、身をもって感じています。女優さんと言ってもらえる申し訳なさ。女優然として座っているわけではなく、お話をいただいて一生懸命やっている感じです」と身を縮めていた。

片瀬から「すごくしっかりしていて、意外と一番冷静。撮影中にみな実ちゃんがシュッとしていると、こちらもしっかりしようと思う」と明かされると、田中は「緊張していたり、次のシーンに対する不安があったり。皆さん本番直前まで全然関係ない会話をしているので、凄いなぁ女優さんってと。さっきまでみんなで笑っていたのに、本番になると泣いたりする。感情が追い付かない」とタジタジ。そんな初々しさに片瀬は「ドラマならではの業界用語が新鮮らしく、そんな姿を見ているとドラマを始めたばかりの自分のことを思い出して、可愛いなぁと思って見ている」と新人女優として愛されているようだった。

この記事の画像一覧 (全 6件)