伊藤あさひ、ルパパト後初の連ドラは「演じていてとても楽しい」

TV 公開日:2019/01/25 9
この記事を
クリップ

若手俳優の登竜門、スーパー戦隊シリーズ第42作、テレビ朝日系「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」にルパンレッド/夜野魁利役で出演中の伊藤あさひが、3月18日(月)0時00分から配信開始のFOD連続ドラマ「高嶺と花」にルチアーノ役として出演することが決定した。

高嶺と花とは、2014年12月より少女漫画雑誌「花とゆめ」(白泉社)にて大人気連載中の師走ゆき原作の年の差・身分差ラブコメディ漫画で、10代~20代の女子に絶大な支持を受け、コミックスは12巻まで発売され、2019年1月時点で累計部数130万部を突破している。




伊藤あさひが演じるのは、主人公才原高嶺(高杉真宙)の大学時代の友人であるイタリア人の美青年で、有名ブランドを手掛ける一族の御曹司ルチアーノ役。2月10日(日)に最終回を迎える「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」後初の連続ドラマ出演となる今作に期待が高まる。

<伊藤あさひ コメント>
「高嶺と花」のルチアーノ役を演じさせて頂くことになりました伊藤あさひです。1年間「快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー」でルパンレッドを演じきり、その後、初のドラマが今作という事で、とても嬉しく思います。お話を頂いたとき、ルチアーノは自分より7歳年上の設定で、更にはイタリア人という事で驚きましたが、原作を読みとても面白い役どころで、今演じていてとても楽しいです。また、ルチアーノは、有名ファッションブランドの御曹司ということで、本編でも毎回変わるおしゃれな服装にも注目して頂きたいです。

この記事の画像一覧 (全 3件)