西島秀俊&内野聖陽、男性カップルの食卓を描いた人気漫画をドラマ化

TV 公開日:2019/01/24 14
この記事を
クリップ

テレビ東京深夜ドラマ「ドラマ24」枠では、「孤独のグルメ」シリーズ、「忘却のサチコ」、そして現在放送中の「フルーツ宅配便」を含め、数々の挑戦的な作品を放送してきました。そんな「ドラマ24」枠の4月クールの作品が「きのう何食べた?」に決定した。

原作は、『大奥』、『西洋骨董洋菓子店』など代表作を多数持つ、漫画家・よしながふみによる同名作。週刊モーニング連載中で累計発行部数 500 万部(電子版含む)を突破の人気作品。



2LDK のアパートで同居する、料理上手で几帳面・倹約家の弁護士・筧史朗(通称・シロさん)と、その恋人で人当たりの良い美容師・矢吹賢二(通称・ケンジ)の毎日の食卓を通して浮かび上がる、男2人暮らしの人生の機微。ほろ苦くてあたたかな二人の日々をリアルに描いた「きのう何食べた?」が待望の連続ドラマ化となる。

今回、弁護士・筧史朗役に、「MOZU」(TBS)や「流星ワゴン」(TBS)で主演を務め、柔らかさと男らしさを兼ね備え、確かな実力と人気を誇る俳優・西島秀俊、美容師・矢吹賢二役に、「大河ドラマ風林火山」(NHK)や「臨場」(テレビ朝日)で主演を務め、ドラマや映画、舞台など幅広いジャンルで活躍し、その演技力が高く評価されている実力派俳優・内野聖陽が決定!ダブル主演を務める。

シロさんとケンジが暮らすゆっくりとした日常を軸に描く本作。家族や友人、仕事、世間との関わりなど、たまには悩むこともあるけれど、穏やかに流れていく二人の日々。そんな彼らの日常をみているとくすっと笑ってしまったり、ほんのりあたたかい気持ちになったり、ちょっとしんみりしたり…。

そしてもう一つの主役ともいえるのが、二人の食卓を飾る「美味しく安上がりな手料理」。ストーリーと同時に毎回披露される料理は、味はもちろんのこと、実用的なレシピばかりです。食を通じてシロさんとケンジのふたりの世界に多くの女性たちがほっこりすること間違いなし!

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 3件)