値段が高いのはどっち? 柳葉敏郎vs鈴木福「ニッポンの“モノ”見分け方対決」

TV 公開日:2019/01/23 4
この記事を
クリップ

毎週木曜日21:00からテレビ東京系列で放送中の「二代目 和風総本家」。「日本っていいな。」をテーマに、日本の素晴らしさを視聴者に、そして次世代へ伝えていくバラエティ番組。


1月24日(木)19:58~21:48 放送の「二代目 和風総本家スペシャル~百年モノ・金沢編&過酷な現場で働くお父さん~」では、二代目 和風総本家に俳優・柳葉敏郎が初登場。名物の「ニッポンを見抜こう!」コーナーでは、先輩俳優として鈴木福を前に"モノの見分け方"を披露する。




さらに今回は冬の金沢で建物や道具、料理などの百年モノを大捜索。まずは石川県金沢市にある創業明治8年の「四十萬谷(しじまや)本舗」。6代続く発酵食品を製造する店だが、代表的な商品「かぶら寿し」が地元の名物だという。そんな老舗には創業から100年経つ今も使い続けている蔵がある。創業当時は醤油の製造を行なっていたというのだが、今回はその蔵の修復作業に密着。次の100年へと繋ぐその空間への想いに迫る。その他、金沢最古の時計店で発見した幻の通行証も登場。いったい何のためのものなのか。



ほか、伝統の加賀繍職人の危機を救った100年前の糸を紡ぐ職人技、そして樹齢400年の槇の木を守る庭師の受け継がれてきた職人たちの伝統技にも迫る。

この記事の画像一覧 (全 12件)