高杉真宙がイケメン御曹司役に、人気漫画「高嶺と花」をドラマ化

TV 公開日:2019/01/19 9
この記事を
クリップ

株式会社フジテレビジョンは、フジテレビの動画配信サービスFODにて、 FODオリジナル連続ドラマ「高嶺と花」の制作が決定し、 2019年3月18日(月)0時00分より配信開始する。

2014年12月より少女漫画雑誌「花とゆめ」(白泉社)にて大人気連載中の師走ゆき原作の年の差・身分差ラブコメディ漫画「高嶺と花」がついに実写化。10代~20代の女子に絶大な支持を受け、 コミックスは12巻まで発売され、 2019年1月時点で累計部数130万部を突破した。

主演は高杉真宙。 ビジュアルも仕事も完璧、 ハイスペックイケメンなのに高慢ちき!残念御曹司・才原高嶺を演じる。ヒロインは気が強いが明るい性格の一般庶民JK(女子高生)・野々村花を竹内愛紗が演じ、 ドラマ化する。
 
竹内愛紗は今回のヒロインを決めるオーディションで約500人の中から見事この役を勝ち取った17歳の現役JK女優。彼女にとって今回のこの「高嶺と花」が初ヒロインの作品となる。

物語は、才原高嶺とお見合いするはずの姉・緑の替え玉として変装した妹の野々村花がお見合いをするところから始まる。御曹司なんて不細工に違いないと高をくくっていた花だが、そこへありえない程のイケメン・高嶺が登場。はじめは胸をときめかせますが、高嶺の横柄な態度と罵詈雑言に対し、花はキレてしまい変装用のウィッグを高嶺に投げつけ啖呵を切ってその場を立ち去る。
お見合いは破談になったかと思われたが、高嶺は外見や御曹司というステイタスに左右されない花の言葉と態度に興味を持ち、花は高慢な高嶺を屈服させることを目的にお見合いを続けることになる。 気の強い高嶺と花のふたりが罵り合うおかしな掛け合いと、 その中でもお互いを想い気遣いあう純粋な愛が垣間見れる不器用なツンデレラブコメディ。

才原高嶺を演じる高杉真宙は、2018年は「世界でいちばん長い写真」(草野翔吾監督)、 「虹色デイズ」(飯塚健監督)などの映画に主演、 TVドラマ「モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―」、 舞台「新感線☆RS『メタルマクベス』disc3」に出演。2019年1月に「十二人の死にたい子どもた」(堤幸彦監督)、 5月に「賭ケグルイ」(英勉監督)が公開されるなど、 話題作への出演が続く今最も注目されている若手俳優の一人。野々村花を演じる竹内愛紗は、 ドラマ「明日の約束」(2017年10月・関西テレビ)、映画「リベンジgirl」で桐谷美玲演じる主人公の妹役で俳優デビュー。ほかに吉田恵輔監督「犬猿」(18年)、 「十二人の死にたい子どもたち」(2019年1月)など女優として今後の活躍が期待されている。俳優として実績と実力を積み上げてきた高杉真宙と、竹内愛紗という次世代の女優の織り成すツンデレラブコメディにご期待ください。
 




本ドラマの主題歌は、YouTubeやSNSで話題を呼び、インディーズ時には、企業CMや人気アニメのEDテーマに抜擢されるなど、業界でも話題の中学3年生、15歳のRUANNの「LOVE & HOPE」に決定。“諦めるな、最高の成功は失敗から成り立っている。愛と希望はもっともっとこの世界を幸せにしてくれる!”と彼女のこれまでの15年間を楽曲にしたかのような力強い歌詞とPOPな曲調が印象的だ。作詞、作曲共にRUANN本人が担当している。


高杉真宙(才原高嶺 役)コメント
今回「高嶺と花」で高嶺を演じさせて頂く事になりました、 高杉真宙です。 お話を頂いて原作を読ませて頂いたんですが、 今まで演じてきたどのキャラクターとも違う性格で自分が演じるのを想像出来ず緊張する反面、 高嶺として立って歩いて喋ることが楽しみです。 そして何よりキャラクター皆の会話が面白く実写化した時にテンポの良い会話劇になるんじゃないかと思いました。 高嶺と花の息の合った(笑)台詞の掛け合いを画面を通して皆さんに見せることが出来たらと思っています。 よろしくお願い致します。


竹内愛紗(野々村花 役)コメント
「高嶺と花」の野々村花役を演じさせて頂くことになりました。 竹内愛紗です!私はこの花役が決まった時、 原作の漫画を全部買い、 物凄いスピードで読みました。 花は10歳も年上のイケメン御曹司、 高嶺さんに勝気で、 高嶺さんもとても高いプライドがあり、 負けを譲らない2人のやり取りがたまらなく面白いんです!花を演じるにあたり、 友達とのやり取り、 高嶺さんとのやり取り、 家族の中のやり取りで違いを見せるように心がけます!漫画では色々な表情を見せている花なので私も色々練習をして、 皆さんにはそこに注目して見ていただけたら嬉しいです!


RUANN コメント
「高嶺と花」の主題歌を務めさせていただきました。RUANNです。『LOVE & HOPE』が主題歌になるということを聞いた時、すごく嬉しくて飛び上がりそうな気持ちでいっぱいでした!私は元々「高嶺と花」を楽しんで読んでいた読者側だったので、今回このように素晴らしい作品に携わることができて光栄です!皆さんと一緒にドラマverの「高嶺と花」を楽しんで観たいと思います!!!


鹿内植(プロデューサー)コメント
この作品の見どころはなんといっても“高嶺”と“花”のキャラクターです。 26歳の高嶺と16歳の花は年の差10歳。 御曹司と庶民JKと接点の全くない2人ですが、 2人が会って話し出すと高嶺は大人げなく花に上から目線でつっかかり、 花も負けじと高嶺に応戦する。 そんな微笑ましくも愛おしい2人。 高嶺を演じて頂く、 高杉真宙さんのイメージは勝手ながら今まで誠実なおとなしい男性の代表的存在でしたが、 今回は高嶺の“大人の男”と“子供じみた少年”のようなギャップをコミカルにキュートに演じてくださるに違いない。 そんな高杉さんを見てみたいと考えました。 演技派であるからこそ、 そのギャップを使い分け女性陣をキュンキュンさせる新たな高杉さんの姿が見られると思います。 また、 ヒロインの竹内愛紗さんはオーディションで決めさせていただきました。 花の常に明るく前向きな姿は竹内さんの芯の通った真っすぐな瞳、 元気ではじけた笑顔、 何にでも果敢に挑む好奇心旺盛な姿が「花だ!」と思い決めさせて頂きました。 この2人が繰り広げる笑えて切なくて、 胸キュンできるラブストーリーをご期待ください!!


(C)フジテレビ

この記事の画像一覧 (全 2件)