宮野真守、顔芸がうるさい!?どこまでアドリブ!?10年振りのドラマ出演に注目

TV 公開日:2019/01/20 32
この記事を
クリップ
}/

オンラインゲーム「ドラゴンクエストX」をモチーフにした金田一蓮十郎氏原作の大人気漫画「ゆうべはお楽しみでしたね」が、本田翼岡山天音のW主演でドラマ化。

主演の脇を固めるキャストとして声優の宮野真守が、岡山演じるさつきたくみの勤務先であるアニメイトの店長・大仁田役で出演している。この役は誰よりもハイテンションで陽気なキャラクターという設定。本作品が宮野の10年振りのドラマ出演作ということもあり、放送開始前から注目が集まっていた。



現在第2話まで放送されているが宮野演じる店長役について、SNSでも「店長最高」「宮野絶好調」「顔芸がうるさいw」「宮野さん見てると元気になる!」「これって素なのでは?」と好評の声が寄せられている。


そんな宮野だが、岡山とのシーンではアドリブを連発しているようで、岡山も製作発表会の時に「ちょいちょいじゃなくて、ほぼアドリブ。一発目から宮野さんのアドリブが終わるのを待つ時間があった」と語っていたほど。

13日(MBS、TBSでは15日)に放送された第2話でも、どこまでがセリフでどこからがアドリブかわからないくらいのセリフ回しを披露。さらに、迫真の顔芸&ハイテンション演技がドラマの面白さに拍車をかけていた。その中でも、本田演じるおかもとがさつきの勤務先を訪れたとき、アニメイト店長はおかもとの姿を2度見、いや3度…いやいや5度見するシーンは、宮野のコメディスターとしての一面を象徴するシーンになったであろう。

第2話終了後に公開された第3話予告で、アニメイト店長とさつきが洋服を買いに行くシーンが公開されると、ファンからも「絶対リアタイする」「宮野さんが出るだけでワクワクする」とコメントが続々と寄せられている。

主演の2人の恋の行方にアニメイト店長がどう関わってくるのか。この先の展開も見逃せない。


「ゆうべはお楽しみでしたね」第3話放送日

2019年1月20日(日)深夜1:15~(MBS)

2019年1月22日(火)深夜1:28~(TBS)

© 金田一蓮十郎/SQUARE ENIX


© ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.

© 「ゆうたの」製作委員会・MBS

この記事の画像一覧