光石研 連ドラ初単独主演で「巡り合わせ」に感謝、“師弟コンビ”は相性ピッタリ

TV 公開日:2019/01/16 16
この記事を
クリップ
}/

1月17日からスタートするテレビ東京の木ドラ25「デザイナー 渋井直人の休日」(毎週木曜 深夜1:00~)記者会見が16日、同局内で行われ、光石研黒木華岡山天音、松本佳奈監督が出席した。

「otona MUSE(オトナミューズ)」(宝島社)で連載中の渋谷直角氏による同名マンガが原作。行きつけのレコード屋、こだわりがつまった自宅…。おしゃれな日常を過ごす、52歳で独身のデザイナー・渋井直人(光石)が、次々に現れるヒロインたちに振り回され、玉砕する姿を描く、中年おじさんのちょっぴり切ない悠々自適な物語。

この作品で光石は、俳優生活40年にして連続ドラマ単独初主演を飾る。「考えると40年前のデビューが長谷川法世さんの作品『博多っ子純情』で、マンガ原作で等身大の役をいただいた。40年経ってまた奇しくもマンガ原作で、これもまたチャーミングで等身大の役。ものすごい巡り合わせ。僕の人生の中で、運命ではないですがそういうことを感じている」と感慨で、記念となる同作の現場は「みんなでキャッキャ言いながらで楽しい」と笑顔で明かす。




ドラマに登場するロケーションは、いかにも中年デザイナーである渋井直人がいそうな場所ばかり。光石は「監督をはじめスタッフの皆さんがすごい力を入れて、凝った映像を作ってくれている。細かいところまで世界観を作ってくれているので、僕はセリフを覚えてなんとか風邪を引かないように現場に行けば、周りの方が準備してくれている。なんの心配もない」とスタッフへの信頼は厚い。

渋井のアシスタント・杉浦を演じた岡山は、光石について聞かれると「とにかく引き出しがすごい。同じシーンを繰り返し撮影することがあっても、どんどん引き出しが開く」と感服で、「リハと本番で違うことをするので、つい笑ってしまう。毎回楽しいです」と充実の表情を浮かべた。渋井と、どこか抜けた杉浦の“師弟コンビ”は現場で好評のようで、松本監督曰く「おかしいけど癒やされる」。光石も「岡山くんとはすごくやりやすい。グルーヴっていうんですか?それがどんどんいいようになっている気がします」と話すように、相性ぴったりの様子だった。

あす同作にクランクインする黒木は、光石が通う居酒屋「檸檬」の常連で、菓子メーカーに勤めている三浦カモメ役。渋井と恋仲になる?かもしれない役柄だ。光石とは、黒木のデビュー作品で共演して以来、約8年ぶりの再共演となり「新人のときにお芝居でやりとりした光石さんと今回はがっつり会話ができるのですごく楽しみ」とコメント。光石は「どんなフォームになっても打てる体幹がしっかりした俳優さん。体幹がしっかりしているので、黒木さんにおんぶにだっこでやりたい」と語った。