杉野遥亮&武田玲奈、“大先輩”との共演で得たこと

TV 公開日:2019/01/08 6
この記事を
クリップ
}/

1月8日深夜23時56分より放送を開始するTBSと動画配信サービス「Paravi(パラビ)」が共同制作するドラマ「新しい王様」に出演する俳優の杉野遥亮と女優の武田玲奈が、都内のTBSの局内で取材に応じた。

藤原竜也が演じる、「カネの力」や「所有する」ことに対して距離を置き新しい価値を見つけようとする自由人・アキバと、香川照之が扮するカネやモノ、女へのあくなき欲望をストレートに追求するファウンド会社の代表・越中(えっちゅう)がテレビ局買収を巡りバトルを繰り広げるドラマ。「新しい王様」と「古い王様」の相容れない価値観により、それに翻弄される人々をコミカルに描く。




杉野が演じたのはゲームセンターを改修した場所で人材派遣会社を営む駆け出し社長・鴨宮コウシロウ。「会社を上場させて美女をシャンパンを飲みたい!」と野心を燃やしている若者だ。武田は闇金融業者に追われる元看護学校の生徒・三井エイリ役。コウシロウが経営する会社には、アキバと闇金融業者から逃れてきたエイリが居候中で、アキバと生活をともにしながら、越中とも深く関わっていく役どころだ。

キャリアの大先輩である藤原と香川と共演を果たした若手俳優の2人。杉野は、ドラマのオファー時「藤原さんと香川さんご一緒できると聞いて、喜びと興奮とほんのすこし怖さがあった」といい、「自分が幼い頃から入る前から憧れていた存在の方。お二方に自分がどう芝居すればいいのかという基本的な怖さがあった」と振り返る。藤原と香川のほか、八嶋智人、鶴見辰吾、石黒賢、芦名星らも出演しており、武田は「今見ても本当に豪華な出演者の方ばかりで。その中でお芝居していくことは、本当に不安で…」と恐縮。

撮影初日に香川とのシーンがあった杉野は「すごいド緊張した。本読みの時に藤原さんにお会いして、握手するだけで顔真っ赤になっちゃって…」と恥ずかしそうに告白。憧れだった先輩との共演について聞くと、「香川さんは現場をすごく和ませてくれるんですよ。テストが終わって本番までの時間で盛り上げてくれて一体感が生まれた。僕はついて行くことしかできなかったけど、いつか自分も引っ張っていきたい。藤原さんも、僕の技量では収まらないことを監督から注文されていたと思う。それを越えていこうという姿勢があって、それがあったからついていって楽しくできた。向き合い方とかプライドとか、純粋に尊敬できました」と刺激を受けた様子。

武田も、香川の“現場作り”を「すごい」と感じており「私が苦手としている分野なのでとても勉強になった。藤原さんもいきなりセリフが増えても柔軟に応えられていた。勉強になることが毎日のようにありましたね」と先輩との共演を経て、充実の表情を浮かべていた。

特に印象的だったのは、会社の屋上で藤原が杉野・武田に対し、自分の考えをまくしたてるという長セリフの場面。杉野は「『これが藤原さんだ!』と。見たいもの見られたとは違うけど、そこが印象的で。役としても、杉野遥亮としても引き込まれました。完全に引っ張ってもらいました」と語った。

また、武田は劇中でピンクのナース服で飛び降りたり、全力疾走したりと体を張るシーンにも挑戦した。「台本に4階から飛び降りるって書いてあって、どうするんだろう?と思いながら現場に行ったら(地上)2メートルくらいから飛び降りることに。分厚いクッションもあったけど、ちょっと怖かったです」と苦労を明かした。

同ドラマは1月8日から11日、14日~17日までTBSにて放送され(11日のみ深夜24時35分~)、その後「Paravi」にてシーズン2が17日深夜24時26分より配信開始。以降は毎週水曜の24時更新される。全17話。


この記事の画像一覧