深田恭子、主演ドラマのタイトル言い間違えに苦笑「新年早々すみません」

TV 公開日:2019/01/08 12
この記事を
クリップ
}/

TBS系で1月15日からスタートする火曜ドラマ「初めて恋をした日に読む話」(毎週火曜よる10時〜)の完成披露試写会&舞台あいさつが8日、都内で行われ、主演の深田恭子、出演の永山絢斗横浜流星中村倫也が登壇した。

同ドラマは、恋も仕事もしくじっている予備校講師の超鈍感アラサー女子・春見順子(深田)が、超が付くほどバカ高校に通うピンク髪の不良高校生・由利匡平(横浜)、順子・雅志と同級生で匡平の担任をしている山下一真(中村)、“できる男”の品格がある順子の従兄弟・八雲雅志(永山)というタイプの違う3人の男性からアプローチされるラブコメディ。




自身が演じる春見順子について深田は「東大受験に落ちてから恋も仕事もうまくいかない、超鈍感しくじりアラサー女子ということなんですけど、私から見ると立派に生きている女性だなという印象を受けました。すごくいいことを(予備校生徒の)由利匡平君に話したりしますし、すごくカッコいい女性だなと思いました」と印象を語り、実際に演じてみての感想を聞かれると「私はなかなか物事を言い切ったりしなくて、すぐ迷ったりするタイプなので、春見順子を演じていて少し気持ちよく感じる部分があって、自分のこんな風になれたらいいなと思ったりします」とニッコリ。逆に自身と似ている点を追求されると「ちょっとおっちょこちょいなところと、犬と喋るところですかね(笑)」と明かして笑いを誘った。

また、今年の抱負やチャレンジしたいことを聞かれると、中村は「ゴルフをやりたいんです。自然の中を歩いて気持ちよさそうだなと思いました。ゴルフと釣りとキャンプをやりたいんですけど、全部自然と触れ合うものなので、都内の生活に疲れていらっしゃるのかなと自己分析はしているんですけど」と答え、横浜は「今はドラマのことで精一杯なので、匡平とともに自分も成長していきたいと思います」と力を込めたが、中村から「もっと面白いこと」と小声で無茶振りされると、「(1話で披露した胸キュン技の)舌ペロ以外のさらなる技も今後チャンレンジして、それをたくさんの人に広め、このドラマもたくさんの方に広まっていけばいいなと思っています」と目を輝かせた。

そして永山は「今、初めて500円玉貯金をしていて、僕も疲れているわけじゃないんですけど、バックパッカーになりたいと思っていて、今まで仕事でしか海外に行ったことがないんですけど旅に出たいですね。すぐにでも(旅に)出たい」と打ち明け、中村から「何があったんだ?」と突っ込まれる一幕も。最後に深田は「今年はこのドラマからスタートなので、まずこの『初めて恋をする日に読む話』…」と前回のイベントと同じくタイトルを言い間違え、周りから一斉に「した」との声が飛ぶと、「うわー!また間違えちゃった。みんな忘れてください。2回目はダメ…」と苦笑いを浮かべ、「はじこじ…あっ、はじこじじゃない。また間違えちゃった、やだー!」と動揺を隠しきれず会場の笑いを誘った。そして、改めて「『初めて恋をした日に読む話』、この作品に全力投球してまいりたいと思います」とあいさつした深田だったが、「もう、やだー!新年早々すみません」と肩を落としていた。