鈴木亜美 、芸能人対抗駅伝で激走「フォームが美しい」千葉真子も絶賛

TV 公開日:2019/01/03 17
この記事を
クリップ
}/

鈴木亜美が1/1 元日に放送されたテレビ東京系「新春!芸能人対抗駅伝」に出演し、第2区の5kmを激走した。

番組は「走る芸能人」として長年トップに君臨してきた森脇健児、猫ひろし、東国原英夫の3人が、芸能人最強チームを結成してガチの駅伝勝負。アイドル、グラビア、Jポップ、外国人タレントなど、あらゆるジャンルのトップランナーが超難関の周回コースに挑戦した。




東国原チームの2区担当としてタスキを受け取った鈴木亜美。学生時代は陸上部ということもあり、番組の解説を担当していた千葉真子からも「フォームが美しい」と絶賛。そのままペースが乱れることもなく、見事順位をキープしたまま第3区の中村静香へタスキをつないだ。

鈴木亜美は昨年もテレビ東京系「道の駅駅伝」に出演し、46kmを走破。目標の50kmに届かなかった自分に涙を流し、ストイックな一面をのぞかせた。

大会は激しいデッドヒートの結果、森脇健児率いる「チーム森脇」が優勝。最後の最後までもつれ、出演者全員が手に汗握る展開となった。

鈴木亜美は2019年でデビュー21周年を迎える。最近は激辛や料理など、様々なジャンルで活躍する彼女だが、「マラソン」でもその才能が開花。レース前のコメントのように「這いつくばって」芸能界で生き抜く姿に、お茶の間の注目も集まっている。

この記事の画像一覧

関連タグ