「ドラクエ」でも人見知り、岡山天音が本田翼と“リハビリ”

TV 公開日:2018/12/28 10
この記事を
クリップ

来年1月よりスタートするMBS/TBS系の連続ドラマ「ゆうべはお楽しみでしたね」の制作発表会が26日、都内で行われ、ダブル主演を務める本田翼岡山天音をはじめ、宮野真守芦名星筧美和子も出席した。

ドラマの原作は「ヤングガンガン」(スクウェア・エニックス)で連載中の金田一蓮十郎氏によるマンガ。オンラインゲーム「ドラゴンクエストX」を通じて出会った、ゲーム仲間のみやこ(本田)とたくみ(岡山)のルームシェア生活を描くラブコメディー作品となっている。




ゲーマーという役どころとなるが、プライベートでもゲーム好きと知られる本田は「演じたみやこちゃんは自分と似ているところが多くて。私もゲームやってそうと言われないタイプだったので同じ。お芝居していてとても共感できるものが多かった」と撮影を振り返り、「もともとドラクエが大好きで、原作者の金田一先生のマンガも大好き。その2つのコラボ作品のドラマに出られるのは本当に幸せ」と出演を喜んだ。

岡山は、クランクイン前に「ドラクエ」をプレイしたが「人見知りでオンラインゲーム上でもしゃべれなかった」と苦笑。「他の人をうらやましいなと思いながらすれ違っていました。ひたすら黙々と1人でレベルをあげるのが日課になってましたね…」としょんぼりと明かした。

初共演となった2人にお互いの印象を聞くと、岡山は「“本田翼だ!”と思った。本物いるじゃんって」、本田は「マイペースそうな人だなと思った」と告白。人見知りの岡山に対し、本田が「何をするのが好きなんですか?」などと話しかけ徐々に打ち解けていったという。岡山は「2人での撮影が多くて。僕が緊張している横でずっと話しかけてくれた。リハビリをして少しずつおしゃべりできるようになりました」と感謝していた。

同ドラマは来年1月6日よりスタート。MBSは毎週日曜24:50~、TBSは毎週火曜25:28~。なお、初回放送はMBS日曜25:20~、TBS25:33~。ドラマイズム枠にて放送される。

この記事の画像一覧 (全 20件)

関連記事