「孤独のグルメ」大晦日SP、五郎が2018年最後に食する一品が決定

TV 公開日:2018/12/26 8
この記事を
クリップ
}/

テレビ東京では、2018年12月31日(月)夜10時から「孤独のグルメ2018 大晦日スペシャル 京都・名古屋出張編 生放送でいただきます!」を放送する。

井之頭五郎(松重豊)は年末にも関わらず出張で京都と名古屋を三十日と大晦日の二日間で巡る。そんな忙しい中でも仕事の合間に、京都の風情漂う京料理から名古屋のソウルフードまで、各地の街並みを楽しみながら絶品グルメを堪能。そして大晦日の夜には帰京し、都内有名スポットから生放送で食べ納め。この度、五郎が2018年最後に食する一品が大晦日には意外なアノ高級食材に決定。平成最後となる五郎の豪快な食べっぷりに注目しよう。

そして五郎の今年最後の商談相手・前田役に、伊東四朗のゲスト出演が決定した。




伊東はなんと、大晦日の夜に都内から放送する“生放送のドラマ部分”にも登場するとのこと。生放送ドラマはこのシリーズで二度目の挑戦となる松重豊が、大晦日の夜、生放送・生ドラマともにベテランの伊東四朗の胸を借りて、一体どんな生放送を繰り広げるのか...?この時間、ここでしか楽しめない“極上の夜”をお届けする。

■あらすじ
大晦日、都内某所に現れた井之頭五郎(松重豊)は、昨年の成田山での大晦日を思い出し、感慨にふけっていた。そこへ、商談相手の前田(伊東四朗)がやってきて、今年最後の仕事が始まる。思い返せば、慌ただしい年末だった。12月30日、出張先の京都にいた五郎(松重豊)は無性に鰻が食べたくなる。だが、鰻を食べられる店が見つからない。鈴川江梨子(鶴田真由)との商談を済ませた後、再び鰻屋を探すが見つからず、住宅街に迷い込んでしまう。通りかかった店で、五郎は京都などで特別な呼び名を持つある魚の「土鍋ご飯」を注文。そこから京都の夜を堪能するメニューを組み立てていく。さて、その魚とは?翌12月31日、名古屋にいた五郎は、昔懐かしい喫茶店で、朝食に名古屋名物の「あんトースト」を食べる。その後、商談相手の奥村に名古屋の地元飯「台湾ラーメン」を勧められるが、心は「ひつまぶし」に傾いていた。結局、五郎は名古屋でどちらを食べるのか...?そして、舞台は名古屋から再び東京へ。都内有名スポットで、五郎が2018年最後に食する一品とは...?今年は生放送部分を拡大。最終飯以外にも生ドラマがあり、緊張感も倍増。年の瀬に忙しくも至福の五郎の二日間を描く。


©テレビ東京

この記事の画像一覧