最新AI テレビ番組初導入、AKB48横山由依「凄く新しいお笑いの見方が出来た」

TV 公開日:2018/12/23 7
この記事を
クリップ

ミキ、祇園、アインシュタイン、濱田祐太郎、トット、スマイル、学天即、セルライトスパ、メンバー、たくろう、ツートライブの、総勢11組の芸人が「今年一番ウケた」ネタを引っ提げて登場。その中から、誰が一番ウケるのかNo.1を決めるべく白熱バトルを繰り広げる『今年一番ウケたネタ大賞2018』(12月23日(日)深夜1時15分~※関西ローカル)。司会はブラックマヨネーズと、「京都出身で、お笑い大好き!」と話す横山由依。さらに今回は‟笑いの量”を測定する最新のAI“WARAI+”をテレビ番組で初めて導入。“WARAI+”はクスクスといった笑いではなく“大笑い”が起こっていた時間を0.1秒単位で測定。その時間が長いネタを、“笑いの量”が多かった、つまり一番ウケたネタと判断し、優勝者を決める。




さっそくトップバッターのスマイルは、修学旅行で京都に来ていた中学生から過呼吸になってしまいそうなぐらいの爆笑をかっさらったという漫才を披露する。「ちなみに修学旅行というのは、めちゃめちゃウケやすいですからね」とブラックマヨネーズ・吉田。果たして会場からはどのような反応を得られるのか!? 次に登場するのは、学天即。今年5月によしもと新喜劇目当てに来たが、会場が満席で入ることができなかった観光客に、漫才をすることに。そんなアウェーな状態の中、爆笑する人が続出したというネタを披露。その後も、様々なシーンで“今年一番ウケた”と本人が自負するネタが次々と披露される。

収録後、MCを務めるブラックマヨネーズは、「思っていた大会と違って驚きましたね。コンクールには出せないようなネタを披露する大会なのかなと思っていたんですけど、ガチでした(笑)」(吉田)、「ウケたって紹介されたものを観るのって、一見ハードルが上がるんちゃうかって思いがちですけど、ミュージシャンの代表曲を聴くみたいな、待ってました感の醍醐味が出て、盛り上がれました」とそれぞれ感想を述べた。

さらに“今年一番ウケたネタ”という番組のコンセプトについてブラックマヨネーズは「今までやったネタもそういう紹介の仕方で、もう一回スポットが当たる良い方法やなと思いましたね」(小杉)、「良い設定やなと思います。ウケたらウケたで良いし、万が一のことがあっても、『これ今年ホンマにウケたんか?』って思えるし、一見単純なようで、実は考えられた企画だなと思いましたね」(吉田)と絶賛した。さらに、今回勝敗の判定に導入された“WARAI+”について、ブラックマヨネーズ・吉田は「3分間の中で1回しか笑いがなくても、その1回がめちゃめちゃすごかったら、チャンピオンになれる可能性はあるけど、今回のルールではそれがないので、改善の余地があるかなとは思います。でもそういうことを真剣に考え始める時期に来たなって思いますね」と“WARAI+”での判定という新しい取り組みに関して自身の考えを述べた。

またブラックマヨネーズとMCで初タッグを組んだ横山は「光栄でしたし、お二人には本当に助けて頂いてすごく楽しい時間でした!」と収録後興奮気味に語った。続けて「どのシーンでウケたのか説明されるので、色々なところで皆さん漫才とかをやられているんだなっていうことも知れて、凄く新しいお笑いの見方が出来ました。AIが会場の人が一番笑ったと判断したネタが、家で観て下さっている方と一緒なのか、違うのかというところも、楽しんで頂けるんじゃないでしょうか」と見どころをアピールした。

最後に、ブラックマヨネーズ・小杉は「新しい勝敗の決め方を導入した時って賛否両論出そうやと思うんですけど、今回は『本当に面白かったな』という率直な想いの方が強かったので、AIが決めるこのお笑い大賞を楽しんでもらいたいと思います!」と視聴者へメッセージを送った。

賞レースチャンピオンや実力派の若手芸人が大集合し、テレビ初披露のネタも満載の『今年一番ウケたネタ大賞2018』(12月23日(日)深夜1時15分~※関西ローカル)! 果たして観客から大爆笑を奪い、栄冠を手にするのは誰か!?

この記事の画像一覧