国分太一、 “アメリカ流”クリスマスの楽しみ方に大興奮

TV 公開日:2018/12/20 15
この記事を
クリップ

国分太一と真矢ミキのMCで毎週月~金曜あさ8時から放送中の『ビビット』。明日21日(金)の放送では、クリスマス直前の特別企画として、滅多に取材許可が下りないアメリカ大使公邸を国分が訪問!“アメリカ流”のクリスマスの楽しみ方を大調査する。



国分をエスコートしてくれたのは、第30代駐日米国大使のウィリアム・F・ハガティ氏。ビジネスマンをしていた頃に日本に住んでいた事もあるという親日家で、「好きな食べ物は福岡の焼きラーメン」という親しみやすい素顔を見せてくれた。

大使公邸の訪問者が記帳するゲストブックには、あのトランプ大統領の直筆サインを発見。そして、日本のテレビ局の取材に初めて応じてくれたハガティ氏の家族から、国分が“アメリカ流”のクリスマスの楽しみ方を教わる。意外なクリスマスツリーの飾り方、驚きの手作りケーキ・・・その素敵な過ごし方とは?

さらに、各国の国賓らをもてなしてきた大使館の厨房へ。一足早く絶品クリスマスディナーの数々に舌鼓を打った国分は、「クリスマス来ちゃいましたよ、この味は!」と大興奮!

これを見ればクリスマスがもっと楽しくなる!明日あさ8時からの『ビビット』をお楽しみに!


(C)TBS

※本記事は掲載時点の情報です。