石川恋「黄昏流星群」最後のオフショットは高田純次に“あーん”

TV 公開日:2018/12/15 9
この記事を
クリップ
}/

13日に最終回を迎えた俳優の佐々木蔵之介が主演を務めるフジテレビ系連続ドラマ「黄昏流星群~人生折り返し、恋をした~」(毎週木曜よる10時~)に出演しているモデルで女優の石川恋が14日、ブログとInstagramを同時に更新。お笑いタレントの高田純次に“あーん”した写真などを公開し、ファンから反響を呼んでいる。

同ドラマはの原作は、弘兼憲史氏による同名漫画。短編オムニバス形式である原作の第1集「不惑の星」をベースに、人生の折り返し地点を通り過ぎた男女3人が図らずも落ちてしまった恋と葛藤するさまを描く大人の恋愛ドラマ。主人公のエリート銀行員・瀧沢完治を佐々木蔵之介、献身的な妻・瀧沢真璃を中山美穂、主人公が恋に落ちる運命の女性・目黒栞を黒木瞳、瀧沢完治(佐々木)の一人娘で大手商社勤務の瀧沢美咲を石川恋、美咲の婚約者で有能な弁護士・日野春輝をジャニーズWEST藤井流星が演じた。

最終回放送翌日に更新したSNS。「木曜劇場「黄昏流星群」遂に完結致しました 最後まで観てくださった皆様、本当にありがとうございました!」と感謝を述べ、「最後のオフショットは戸浪教授役の高田純次さんと」と綴り、大学時代の恩師・戸浪恭介を演じた高田と寄り添う写真や、高田に“あーん”している写真などを公開した。




続けて、「"愛する人と1分1秒でも長く"、、瀧沢家がバラバラになってしまったことに少し寂しさも残ります」と綴りながらも、「これからのそれぞれの人生が幸せに満ちたものであることを願います 美咲もロンドンで楽しく暮らせていたらいいな~~!」と願いを込めた。

最後は、「撮影期間からO.Aを含めて約半年間この作品に関わらせていただき、たくさんの素敵な出会いと貴重な経験をさせていただけたことに感謝の気持ちでいっぱいです。美咲というまた新しいキャラクターと出会えて幸せでした!今回は今まで以上に思い悩むことも多くありましたが、今となってはその日々さえも懐かしいです。」と撮影を振り返り、「まだまだ未熟者ですが、黄昏流星群で先輩方や監督さん方から学んだことを糧に、今後の作品とも真摯に向き合い続けて行こうと思います。更に成長した姿でまたお会いできますように、、邁進します。本当に本当にありがとうございました!」と意気込みを新たにし感謝の言葉で締めくくった。

公開した写真にファンからは、「カワイイ」「食べさせて~」「あーんされたい」「素敵すぎます」「めっちゃいい写真」「どれも素敵」「まじやばい!!可愛すぎる」「おじさまの扱いがお上手で♪笑」などのコメントが寄せられ、その他にも「これからも頑張ってください」「とても良い最終回でした!」「木曜が恋しいw」「最後まで楽しませてくれてどうもありがとう!」と石川へのエールなど様々なコメントが寄せられた。

この記事の画像一覧