「I”s」ヒロイン白石聖、原作者が明かす選考ポイントは“ヒロイン感”

TV 公開日:2018/12/13 9
この記事を
クリップ
}/

桂正和氏の人気マンガを実写化した連続ドラマ「I”s」の制作発表会が13日、都内で行われ、瀬戸一貴役の岡山天音、葦月伊織役の白石聖、秋葉いつき役の柴田杏花らキャスト陣が出席した。

1997年から2000年まで「週刊少年ジャンプ」(集英社)で連載された「I”s」は、男子中高生の恋愛バイブル的な大人気作。会見に出席した、原作者の桂氏はドラマ制作に向け「僕は原作にこだわらないでいいよと話した。ドラマとマンガは媒体も違って表現方法も違う。面白いドラマになればいいなと思って、どしどし変えてもらっていいよと」と伝えたことを明かした。




ヒロイン・伊織は本作における“絶対的美少女”。白石は700人が参加したオーディションから見事役を射止めた。選考に参加した桂氏は、白石に決めたポイントを「笑顔ですね。ヒロイン感がすごくあった」と告白すると、白石は「恥ずかしい」と赤面しつつ「本当にうれしい」と喜び。「700人の中から選んでもらってありがたい。ドラマでは高校の演劇部から芸能界に入っていく、伊織の成長を描く。大人の世界に入って毎日知らないことだらけで揉まれていく伊織とリンクする部分があったのですごく楽しかった」と笑顔で振り返った。

伊織に恋心を抱く主人公の一貴を演じた岡山は「1つの作品に同じ役でこれだけ長く関わるのは初めて。戸惑ったり、壁にぶち当たったりした。撮影チームの皆さんに支えられて最後まで走り抜けた」。一貴は登場するそれぞれの女性キャラクターと対峙するシーンも多く「ほとんどの方とお芝居を一緒にできた。それは主人公を演じた特権じゃないですが、いい経験になった」と充実の表情を浮かべた。

柴田は、演じた一貴の幼馴染のいつきを「自分の気持ちを殺してしまうところがあって」と分析し、「人を大切にして自分も大切すると夢は叶うってことを、いつきから与えられたテーマではと思った」と語った。一貴の後輩で積極的にアプローチを仕掛けていく泉を演じた萩原みのりは「現場で意識したのは一貴の反応。ただのライバルにはなりたくなかった。ただイタズラするだけでは視聴者の方に泉ちゃんを愛してもらえないのじゃないかと思ったので」と意識したことを回想した。

加藤小夏は、一貴が浪人時代に出会う藍子役で連ドラ初出演。読み合わせの際に、台本を忘れてしまったエピソードを披露し「初めてのことで台本を持ってくることが頭になかったんです。すいません」と平謝り。「途中から現場に入ってくのが怖かったですね。上手にできるのかなって考えていました」と語った。

会見には、靖雅役の伊島空、ナミ役の春花、祐加役の須藤叶希、豊島圭介監督、安里麻里監督も出席。ドラマ「I”s」はBSスカパー!、スカパー!オンデマンドにて12月21日午後9時より放送・配信開始。全13話で、1話は無料。