亀梨和也 “アイドルらしさ”削ぎ落とす「トリートメントつけるの止めたり」

TV 公開日:2018/12/05 18
この記事を
クリップ
}/

KAT-TUN亀梨和也、俳優の佐藤隆太、女優の本田翼が5日、都内で行われたテレビ東京系ドラマスペシャル「東野圭吾 手紙」(12月19日放送、よる9時~)記者会見に出席した。

累計発行部数250万部を超える東野圭吾氏の代表作「手紙」をドラマ化。犯罪加害者の弟となってしまった主人公・武島直貴(亀梨)が周囲からの差別や偏見に苦しみながらも人生に希望を見出し乗り越えていくまでの家庭を描いていく。亀梨は同局ドラマ初出演にして主演を果たす。




シリアスで難しい役を演じた亀梨は、役作りのため普段の“アイドルらしさ”を削ぎ落としたと振り返る。「お話をいただいた時、ビジュアルの部分でシャープさをできるだけ排除したかった。監督からも『目立たない存在でいてほしい』と(言われた)」と指示があったといい、「ちょっと潤うのは違うかなと思ってトリートメントをつけるのを止めたり。目が充血していたらそのまま撮影したり、基本的に鏡をみないとか、猫背っぽくいたり、普段の自分とは違ったルーティンを持ったりしました」と明かした。

直貴の兄で、弟を大学に入学させたい一心で強盗殺人の罪を犯してしまう剛志を演じた佐藤とは、同作で初共演となる。亀梨は「(2人とも)野球が好きなのでお話ができたら」と思っていたが、作品の持つ重々しい雰囲気がそうさせなかった。佐藤は「終わった時にやっと話せたという感じだった。それまでは挨拶くらいで」と苦笑し、亀梨も「野球のやの字も出てこなかった。なかなか撮影中は重たいシーンばかりでお話する時間なかったですけど、隆太さんの現場での存在感にあたたかみを感じていた。今度はぜひ間近で体感させてください」と再共演を希望。佐藤も「今度はご機嫌な役でご一緒したいですね」と同調した。

本田が演じた由実子は、直貴を精神的に支え続け、後に妻となる人物。6歳の子を持つ母親でもある。「母親を演じるのは初めてだった」という本田は「赤ちゃんならまだしも、結構一緒に生活している親なので自分だけで考えて演じるのは難しかった」と苦労を吐露した。母親のイメージを掴むため「子役の子とできるだけ一緒にいて、母親の方にもどういうことが大変なのか聞きました」と模索した様子だった。

会見ではドラマタイトルにかけ、ほかのキャストに手紙を書くシーンが設けられた。本田は、亀梨宛に「(撮影中)弾丸でスタッフの皆様とパスタを食べましたね。今度はフレンチがいいですね」と綴った。