岡田将生、田舎暮らし願望あり!?「静かなところで過ごしたい」

TV 公開日:2018/12/04 6
この記事を
クリップ
}/

俳優の岡田将生渡部篤郎が4日、都内で行われた「東海テレビ開局60周年記念スペシャルドラマ 大誘拐2018」(12月14日午後7:57)の記者会見に出席した。




緒形拳ら出演で1991年に『大誘拐 RAINBOW KIDS』として映画化もされた、作家・天藤真による小説「大誘拐」をドラマ化。舞台を東海地方に移して、100億円の身代金を巡るミステリーを壮大に描く。


東海テレビ開局60周年記念スペシャルドラマ主演に岡田は「60周年記念ドラマの主演という大役をいただき、僕にとっては今回の作品はご褒美のよう。今年も頑張って良かったな、という2018年の締めくくり」と嬉しそう。撮影を振り返り「コメディな展開が面白くて、最近は重たいものばかりやらせてもらっていたので、晴れやかな気持ちで現場に行けるのが嬉しい。純粋にこの現場を楽しもうという気持ちで臨ませてもらった」とスッキリとした表情を浮かべた。


ベテラン女優・富司純子を誘拐する元ヤクザという役どころだが「富司さんは素敵な方で尊敬する大先輩。そんな方に対して健一は口がよろしくないというか、富司さんに対して『クソババア!』という」と明かし「心を痛めながら、申し訳ないという気持ちで。品がないなぁ~と思いながら」と恐縮しきり。


また平成最後の過ごし方を聞かれると「僕はマイペースに生きているので、特に意識せずにこのままで終われたらいい」と特別感なし。さらに60歳の自身の姿を聞かれると「変わらず60歳になってもこのお仕事を続けられていたらいい」と生涯現役を願うも「正直、東京からは離れて静かなところで過ごしたいと思っている」と意外な思いをぶっちゃけた。

この記事の画像一覧