仲里依紗、撮影中の炎上体験を振り返り「これはちょっとやばいぞ」

TV 公開日:2018/12/04 4
この記事を
クリップ
}/

4日、NHKで行われた土曜ドラマスペシャル「炎上弁護人」(12月15日午後9時~)の試写会に、真木よう子仲里依紗三代目J Soul Brothers岩田剛典が出席した。

「炎上弁護人」は、ネット炎上に立ち向かうアウトローな弁護士・渡会美帆(真木)の奮闘を描くヒューマンドラマ。大手の事務所でやり手の弁護士だった渡会は、とある一件で事務所を追われ、今はアウトローな弁護士として日々奮闘している。そんな彼女の前に、ネットで炎上した主婦・朋美(仲)の依頼が舞い込み、Webニュース記者の馬場(岩田)と組んで、朋美の無実を訴えさせる決断をする。




本作を演じる前と後の心情の変化について質問されると、真木は「ネットの社会も人対人なんだということに気付いた。得体のしれない何かではなく、人が書いていることなんだということをすごく感じました」とSNSに対する印象の変化を語った。


劇中で建物が火事になるシーンがあるが、その場面は実際の建物を本当に燃やしたとのこと。撮影の感想について、仲は「めちゃめちゃ焦げそうでした。まさかこんなに熱いとは思わなくて、本当にこれはちょっとやばいぞと思った。“炎上”しているのを身をもって感じた。家に帰って、水風呂に入りました」と振りかえった。

また、劇中内では小型カメラで撮影された映像が使用されているが、これは実際に岩田が役中で撮影した映像を使用したとのこと。それについて岩田は、「ここまで使われるとは夢にも思わなかった。監督に手振れ感や息遣いがみえてくるカメラワークだったと褒めてもらえたので、楽しみに待っててもらいたい。」と話した。