「僕キセ」高橋一生、戸田恵子の告白をどう受け止めるのか

TV 公開日:2018/11/27 5
この記事を
クリップ
}/

高橋一生が主演を務めるドラマ「僕らは奇跡でできている」(カンテレ・フジテレビ系全国ネット 毎週火曜よる9時放送)。生き物のフシギが大好きな大学講師・相河一輝(高橋一生)が周囲の人々を翻弄しながらも、常識や固定観念にとらわれないものの見方で、周囲に緩やかな変化をもたらしていくコミカル・ハートフルドラマ。

今夜放送の第8話では、一輝の家で20年以上住み込みの家政婦として過ごしてきた山田(戸田恵子)と、一輝の関係が明らかとなる。先週放送された第7話の中で、小学生の虹一(川口和空)から「家政婦さんも家族なの?」と聞かれ、「山田さんも家族だよ」と答えた一輝。“自分の部屋には家族しか入れない”というルールがあるものの、家政婦の山田には心を許しているかに見えた。そんな第7話の最後、一輝と歯科医師の育実(榮倉奈々)との結婚を妄想する山田に対し、「山田さんは、結婚式でどの席に座るんですか?」「僕は山田さんから生まれたんですよね」と問いかけた一輝。第8話では、一輝から問い詰められた山田が、ついに自身の過去を打ち明ける。20年以上にわたって家政婦として過ごしてきた山田の告白。一輝の両親、そして一輝に寄り添ってきた祖父・義高(田中泯)についても語られる。




このシーンの撮影について、山田を演じる戸田恵子は、「山田さんと一輝の関係はあまりないシチュエーションなので、最初は想像がつきませんでした。ただまっすぐな気持ちで“その時のことを話そうという時期が来たんだな”という風に思って、演じました。山田さんにとって、一輝に告白した時はすごく精一杯の時間だったと思います。たかだか何分かの時間ですが、山田さんにとって、長い人生を生きてきた中で、ものすごく色濃い時間で、めちゃくちゃ頑張って話した時間だと思います」と、振り返った。

また第8話の見どころについては、「“どんな呼ばれ方をしていても、どんな存在であろうとも、その人がそこに居るっていうことが、一番大事なんだ”ということを、この第8話で一輝が分からせてくれると思います」と語った。山田の告白を一輝はどう受け止めるのか。そして、どんな行動に出るのか。一輝と山田にとってターニングポイントとなる第8話。さらに、これまで何度も描かれてきた“一輝のタコ嫌い”について、その理由も明らかになる。目が離せない第8話を、どうぞお楽しみに。

戸田恵子 コメント>
Q.一輝と山田さんにとってターニングポイントとなる第8話。撮影はいかがでしたか?

A.山田さんと一輝の関係はあまりないシチュエーションなので、最初は想像がつきませんでした。山田さんが一輝にすべてを話すシーンでは、ただまっすぐな気持ちで「その時のことを話そうという時期が来たんだな」という風に思って、演じました。山田さんにとって、一輝に告白した時はすごく精一杯の時間だったと思います。たかだか何分かの時間ですが、山田さんにとって、長い人生を生きてきた中で、ものすごく色濃い時間で、めちゃくちゃ頑張って話した時間だと思います。

Q.第8話のみどころをお聞かせください

A.私自身、血が繋がっているだけが家族とは思っていなくて、そうじゃなくても家族みたいに、あるいは家族以上にしている人も世の中にはいます。結局、存在が大事で呼び方は関係ないと思うんです。そこにいるその人の存在との関わりが、なによりも大事なんです。“どんな呼ばれ方をしていても、どんな存在であろうとも、その人がそこに居るっていうことが、一番大事なんだ”ということを、この第8話で一輝が分からせてくれると思います。

<11月27日(火)よる9時放送 第8話あらすじ>
「僕は山田さんから生まれたんですよね?」――予想もしなかった一輝(高橋一生)の一言に言葉を失う山田(戸田恵子)。一輝もまた、そんな山田の様子にどう反応していいのか分からず、眠れない夜を過ごす。翌朝、2人の間には気まずい空気が流れ、会話もままならない。眠れない夜を過ごした一輝は、大学の講義にも遅刻。熊野事務長(阿南健治)から嫌味を言われていたところに、同じく遅刻してきたのは、なんと樫野木(要潤)だった。樫野木は一人娘から、元妻に新しい恋人がいることを知らされ、心ここにあらずの様子。一方、一輝の講義では、琴音(矢作穂香)がいつもと少し様子の違う一輝に気づいていて…。そんななか、新庄(西畑大吾)は、ある動画を見つける。その後、山田は義高(田中泯)の工房を訪ねる。一輝のこれまでの気持ちを考えるといたたまれないと、義高に吐露するものの、電話で一輝から夕飯はいらないと言われ、“もう元の関係には戻れない”という思いを強める。山田はその夜、一輝に「どうして私が産んだと思ったんですか?」と尋ねる。すると一輝は、真実を知ったきっかけと、今までそのことを黙っていた意外な理由を明かす。そして一輝も、今まで何も言わず家政婦として働いてきた理由を尋ねるが、山田は「一生、言わないと決めていた」と答えるだけ。そんななか一輝は、山田との以前の関係を取り戻そうと、山田に料理を習いに来ていた育実(榮倉奈々)に、こっそり家族と仲直りする方法を尋ねる。事情を知らない育実は「普通にしていれば自然と元に戻る」と話すが、一輝にはその“普通”が分からない。一方、一輝に過去について話すかどうか思い悩み、山田は鮫島(小林薫)の元へ。しかし鮫島から「本当のことを言っても言わなくても、2人はうまくいかないと思う」と言われ、ショックを受ける。鮫島の言葉で覚悟を決めた山田はその晩、一輝にすべてを打ち明ける。すると翌日、一輝は一言だけメモを残して姿を消してしまい…。

(C)カンテレ

この記事の画像一覧

この記事に関連するコメント

🍜にょろ🥂 @nyoro328 12月10日

「僕キセ」高橋一生、戸田恵子の告白をどう受け止めるのか(ドワンゴジェイピー news) https://t.co/vENA5ffy0V