佐藤隆太、ドラマ「BRIDGE」阪神・淡路大震災の復旧工事に心血を注ぐ現場主任役で出演

TV 公開日:2018/11/23 9
この記事を
クリップ

来年1月15日(火)放送予定の『カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは19951.17神戸』の新たなキャストが決定した。すでに発表されている井浦新野村周平葵わかな椎名桔平に加え、松尾諭波岡一喜、浅香航大、佐藤隆太佐野岳と、演技派な俳優が揃う。

“カンテレ開局60周年特別ドラマ”と銘打って、豪華キャスト&壮大なスケールで贈るのは、1995年1月17日に起きた阪神・淡路大震災後の実話を元に描いたヒューマンドラマで、主演は多彩な才能をもつ、俳優・井浦新。井浦が演じるのは、線路ごと崩落したJR六甲道駅を“ジャッキアップ”という画期的な工法を使い、わずか74日間で復旧させた建設会社、磐巻組(いわまきぐみ)の工事所長・高倉昭(たかくらあきら)だ。その復旧の様子を一部始終記録した男・春日豊役は、1995年当時を野村周平、2018年現在の姿を椎名桔平と、時代を超えて2人の俳優が演じる。




さらに高倉と共に復旧工事に当たった仲間で現場主任・國代寛治(くにしろかんじ)役を佐藤隆太が演じることが決まった。佐藤演じる國代は、神戸市・長田区の自宅が被災しているにも関わらず、自ら志願して現場に出る。家を失い、不安にさらされる家族を抱えながらも、神戸のため、町の人々のために、危険を顧みず復旧工事に心血を注ぐ男の役を関西弁で演じる佐藤に注目だ。さらに、磐巻組の仲間として、工事の計画を担当する鶴義太郎(つるよしたろう)役に松尾諭、副所長・花祭俊貴(はなまつりとしき)役に浪岡一喜、安全管理スタッフ・御手洗靖(みたらいやすし)役として浅香航大が出演。佐藤を筆頭に、豪華で熱い面々が揃った。

さらに、葵わかな演じるヒロイン・服部瞳の幼なじみ・佐伯有(さえきゆう)を演じるのは佐野岳。大阪のホテルで働く瞳は、六甲道駅の倒壊によって徒歩通勤を余儀なくされた女性で、互いに気持ちはありながらも素直になりきれない佐伯との淡い恋愛模様も描かれていく。

さらに先日発表されたように、今回は1月15日(火)放送の本ドラマ「BRIDGE」では、地上波での放送に加え、国内大手映像配信サービス「U-NEXT」とタッグを組み、ドラマ連動コンテンツを複数、制作・配信することがすでに決定している。

まずは地上波の放送日である1月15日(火)に先駆け、1月1日(火)から、葵わかな主演の「ひと目、あなたに。」が、その1週間後の1月8日(火)からは、佐藤隆太主演の「ひと口、あなたに。」がU-NEXTで独占配信されることが決まった。

「ひと目、あなたに。」は、服部瞳(葵わかな)が主人公のストーリーで、震災が発生する前からも、お互いに淡い恋心を抱きながら、素直になりきれない幼馴染の佐伯有(佐野岳)との甘酸っぱい日常が描かれる。しかし、そんな2人に阪神・淡路大震災が襲いかかり、災害を通して、本当に大切な人は誰なのか?を問いかけるラブストーリーとなっている。

「ひと口、あなたに。」は、高倉昭(井浦新)とともに六甲道の復興に携わることになる、現場の仲間・國代寛治(佐藤隆太)が主人公のホームドラマ。1995年の新年早々、建設現場で事故にあった國代が改めて家族との絆に気づき、感謝を伝えるためにあるサプライズを準備するものの、その当日、阪神・淡路大震災が起きてしまう。震災から日常を取り戻すことができるのか?

プロローグドラマも地上波「BRIDGE」と同様、脚本を一色伸幸、監督を白木啓一郎が担当し、瞳、國代の複雑な心境や震災前の状況を深く描くことで、この作品をより楽しめる充実の内容となっている。

さらに地上波「BRIDGE」の放送終了後にU-NEXTで配信となる“BRIDGEディレクターズカット版”は、地上波では未公開だったシーンを含んだ全6話の連続ドラマとして再構成されており、放送後にも楽しめる“もう一つのBRIDGE”となっている。またドラマの収録現場に密着した“メイキング&ドキュメンタリー”も1月15日(火)の深夜に地上波で放送(※関西ローカルのみ)した後に、U-NEXTで独占配信。このドラマの主人公・高倉のモデルとなった奥村組OB・岡本啓氏と井浦新の対談や、磐巻組メンバーの座談会、さらに作品のメイキングや実話の紹介など、見どころ満載の番組となる予定だ。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 7件)