高橋一生 『僕キセ』での“気付き”「分析されているような…」

TV 公開日:2018/11/19 8
この記事を
クリップ
}/

高橋一生が主演を務めるドラマ「僕らは奇跡でできている」(カンテレ・フジテレビ系全国ネット 毎週火よる9時放送)から派生したイベント「僕らはドラマと音楽と奇跡でできている体感ライブ」が19日、東京・豊洲PITで行われた。開催前、高橋のほか、共演者の児嶋一哉(アンジャッシュ)、矢作穂香北香那戸田恵子、主題歌を担当するロックバンド・SUPER BEAVER、オープニング曲を歌うポップスバンド・Shiggy Jr.が取材会に参加した。




動物の行動を研究する「動物行動学」を大学で教える講師・相河一輝を主人公に、日常の中の“気付き”を伝えていく同ドラマ。一輝は、大好きな生き物のことになると没頭してしまうマイペースなキャラクターとなるが、演じる高橋は「もともと一輝に限りなく近くて。台本で自分を分析されているような気になっている。自分のことを客観的に見ることができたかもしれない」とこれまでの撮影を振り返った。

この日に開催されるイベントでは、ドラマキャストによるトークショー、ドラマの振り返り、動物性格診断のほか、主題歌やオープニング曲が生披露される。ドラマから派生したイベントに高橋は「お客さんがどういう反応するのか楽しみ。ドラマを楽しみにしている人、2組のバントの音楽を楽しみにしている人がドッキングして、この世界観を共有できるのはとっても楽しみ」と期待を寄せた。

戸田も、「私自身は、こういうイベントはドラマをやっていて初めて。とっても楽しみ」と声をはずませ、児嶋、矢作、北も「生の音楽が楽しみ」と口を揃える。高橋は、ドラマをきっかけにSUPER BEAVERShiggy Jr.の楽曲を聴くようになったといい「(ドラマにおける音楽は)相乗効果として力を添えてくれる。世界観を補強してくれる。作品として出来上がった時、さらに強固なものにしてくれる可能性を秘めていると思う」と語った。