横浜流星がピンク髪に「とても大切な部分」

TV 公開日:2018/11/15 15
この記事を
クリップ

TBSでは、2019年1月スタートの火曜ドラマ枠で「初めて恋をした日に読む話」を放送する。

原作は、隔月刊「クッキー」(集英社)で連載中の持田あきによる同名漫画。恋も仕事もしくじっている超鈍感なアラサー女子が、タイプの違う3人の男性からアプローチされるラッキー・ラブコメディだ。




主人公の残念なアラサー女子・春見順子を深田恭子が演じ、順子にアプローチするタイプ違いの3人の男性役には永山絢斗、横浜流星、中村倫也が決定しており、早くも話題を呼んでいる。

ドラマは、三流予備校講師である順子の元にピンクの髪をしたイケメン不良高校生・由利匡平がやってきて、一緒に東大合格を目指すことから物語が急速に展開していく。そんな重要人物である匡平を演じる横浜流星が、今回役作りのため大胆にも髪をピンク色に染め大変身。そのビジュアルを初公開した。

今回の役作りに関して横浜は「匡平が髪をピンクに染めている、というのはこのお話でとても大切な部分だと思っています。実写でリアルに存在する感じで自然なピンクにするのは大変でしたが、監督、スタッフの皆様もこだわってくださり、試行錯誤を重ね今の髪色になりました。このピンク髪とともに、ただの不良少年ではなく、根は真面目で真っ直ぐな匡平が、厳格な父親との関係性を丁寧に、繊細に、作っていきたいと思います! 」と語っている。

さらに、本作を彩る魅力的な追加キャストが続々と決定した。順子の親友でキャバクラのオーナー松岡美和役に、歳を重ねるごとに魅力が増すと共に女優としての幅広さも話題となっている安達祐実。順子の父・春見正役には、俳優、声優、ナレーターと多才なジャンルで活躍している石丸謙二郎。文科省局長で堅物な匡平の父・由利菖次郎役は、様々なドラマや映画、そして舞台で人々を魅了している鶴見辰吾。順子が働く塾「山王ゼミナール」の塾長を務める梅岡道真役には、コメディーからシリアスまで確かな演技力で観る人を惹きつける生瀬勝久。さらに、順子が東大受験に失敗してから険悪な仲になってしまった鬼母・春見しのぶ役には、昨年10月期に放送した日曜劇場「陸王」で夫を優しく支える良妻を好演し反響を呼んだ檀ふみが決定。ベテラン俳優陣が勢ぞろいし、本作にさらなる厚みを加える。その他にも髙橋洋、皆川猿時など個性豊かなキャストが出演し、ドラマをおおいに盛り上げる。

東大合格に挑む匡平と二人三脚で頑張る順子の密着した関係にも大注目。そして、順子を巡るタイプ違いの3人の男・・・。登場人物たちとの人間関係も交え、笑って泣いてキュンとするラブコメディが、この冬見る人に元気を届ける。


写真(c)TBS
書影(c)持田あき/集英社


この記事の画像一覧 (全 2件)