満島ひかり、熱演しすぎて撮影ストップ!?久々の記者会見登場で激白

TV 公開日:2018/11/14 11
この記事を
クリップ

今年3月に約9年間所属した芸能事務所から独立した女優の満島ひかりが14日、都内で行われたNHKBSプレミアム「満島ひかり×江戸川乱歩」(12月30日午後11:30スタート)の試写会に出席した。

多くの報道陣を前にした久々の記者会見参加に満島は「写真を撮られるのが久しぶり過ぎて緊張する。笑顔引きつっていますか?」とハニカミ。写真撮影の最後はロングの衣装を風にひるがえしながら、クルクルッと体を3回転する元気の良さを見せた。



怪奇ミステリー作家・江戸川乱歩が初期に発表した傑作短編を、満島を主演に迎えて気鋭のクリエイターが原作にほぼ忠実に映像化するシリーズ第3弾。今回は「お勢登場」「算盤が恋を語る話」「人でなしの恋」の3章立て。満島は妖艶な悪女、地味な事務員、嫉妬に狂う若妻と、三作三様のヒロインを演じる。

本シリーズの魅力を「映像の中で遊べる」と表した満島は「わりと似たスタイルの作品作りが増えている中で、ドラマや映画以外の仕事をしていた方が手探りで一つの物語を作っていくのが面白い。お芝居をされたことがない方が登場されたりするけれど、その向き合い方が凄く素敵。自分が初めてお芝居をしていたころを思い出したりする」と好奇心を刺激された様子。

「お勢登場」で夫を演じる宮藤官九郎とは官能的シーンにも挑んでいるが「打ち合わせで『もっとやってほしい』と言われたので頑張ったら、佐藤佐吉監督から『アカン!アカン!』とストップされた」と熱演回想。本編で使用されている当該シーンも十分刺激的だが「もっとやっていたんでしょね!」と過激さをさらりと明かしていた。

この記事の画像一覧 (全 7件)