井浦新・野村周平ら出演、阪神・淡路大震災復興の実話をドラマ化

TV 公開日:2018/11/07 14
この記事を
クリップ
}/

1995年1月17日午前5時46分、未曽有の大震災が関西を襲った。6000人を超える犠牲者を出した阪神・淡路大震災。圧倒的な自然の力は、容赦なく人々の命を奪い、生活を破壊した。神戸の街は、一瞬にしてがれきの山と化し、交通は分断され、陸の孤島となった。中でも線路ごと崩落するなど被害の大きかったJR六甲道駅。一刻も早く鉄道を復旧させ、人と物資を運ばなければならない…。

そんな過酷な状況のなか、倒壊した駅をわずか74日間で復旧させた人々がいた。これは、過去から明日へ、人から人へ、希望の橋を架けるために困難に立ち向かった男たちの実話に基づいた物語。74日間の壮絶な復旧工事と、それを見つめた地元の人々との関わり合いを描く感動のヒューマンドラマ「BRIDGE」を、2019年1月15日(火)よる9時からカンテレ・フジテレビ系全国ネットで放送する。




主役を演じるのは、井浦新。幅の広い演技力に定評のある井浦が演じるのは、震災直後、JRからの依頼により、倒壊した六甲道駅の復旧工事を担う建設会社・磐巻(いわまき)組の工事所長・高倉昭(たかくらあきら)。その高倉とふいに出会い、突然工事の記録係を命じられ、ビデオカメラを回し続けた少年・春日豊を、野村周平が演じる。そして、六甲道で生まれ育った春日の幼馴染の女性を演じるのが葵わかなだ。

時を経て、2018年秋、42歳になった春日は、このエピソードを現代の若者に語り継ぐ。語り部として重要な役割を担う春日を椎名桔平が演じる。

実は、この高倉にはモデルになった実在の人物がいる。1995年1月、実際に六甲道駅を74日間で復旧させた工事を指揮した奥村組の岡本啓(おかもとあきら)氏(当時)だ。岡本氏は当初、六甲道駅の惨状を目の当たりにして、この復旧には少なくとも1年、もしくはそれ以上の時間を要すると考えた。しかし、六甲道駅は、大阪から神戸へと東西を繋ぐ東海道本線の要所。ここを開通させなければ、人や物資を運べず、神戸は陸の孤島のまま。一刻も早く、電車が走る“日常”を取り戻さなければならない。非常事態の中、使命感に突き動かされた岡本氏は、仲間らと共に、この難工事を指揮し、見事にわずか74日間で電車を開通させた。この六甲道駅でのエピソードをもとに、1日も早い復興に挑む人々と、そして、被災した地元の人々たちが支え合い、今日までつないだ日々をフィクションとして描いたのがこの「BRIDGE」だ。

1月15日(火)放送の地上波に加え、国内大手映像配信サービス「U-NEXT」とタッグを組み、ドラマ連動コンテンツを複数、制作・配信することが決定。

連動コンテンツとしては、まずは2作の“プロローグドラマ”が1月15日(火)の地上波放送前にU-NEXTで独占配信される。本編にもつながるストーリーとなっており、このプロローグドラマを見て地上波放送を見るとより深く作品を楽しめる。また、地上波の放送終了後には、“BRIDGEディレクターズカット版”も独占配信。プロローグドラマと連動するエピソードや、地上波放送本編では描き切れなかった未公開シーンも含めたディレクターズカット版は、まさに“もう一つのBRIDGE”といえる作品となっている。さらに、『BRIDGE』放送直後の深夜には、ドラマの撮影風景や関係者インタビューを収録した“メイキングドキュメンタリー“も放送(※関西ローカルのみ)され、こちらもU-NEXTで独占配信される。

豪華キャストの出演に加え、1月15日(火)放送の地上波「BRIDGE」の世界をより深く楽しめる、まさに“BRIDGE プロジェクト”とも言うべき立体感のある取り組みが実現した。今後も豪華キャストの発表が続き、目が離せない。

1/2ページ

この記事の画像一覧