「中学聖日記」がエモい、キス&修羅場…衝撃ラストのその後

TV 公開日:2018/11/06 44
この記事を
クリップ

TBSで本日よる10時放送中の火曜ドラマ「中学聖日記」。本ドラマは、女性向けマンガ雑誌「FEEL YOUNG」(祥伝社)で人気連載中の漫画家・かわかみじゅんこによる同名漫画が原作。片田舎の中学校を舞台に、自分を大切に想ってくれる年上の婚約者がいながらも、勤務先の学校で出会った不思議な魅力を持つ10歳年下の中学生・黒岩晶(くろいわあきら)に心惹かれていく教師・末永聖(すえながひじり)の“禁断の純愛”を、儚くも美しく描くヒューマンラブストーリーだ。

毎週ドラマ放送後にYoutubeにアップされる次回予告や、聖と出会う前の晶と同級生の日常を描いているスピンオフムービーも100万回近い再生回数を記録しており、またUruが歌う“泣ける”主題歌『プロローグ』も好評だ。何回もリピートして見る人や、誰かと一緒にリアクションをしながら見る人も多く「また急いで風呂に入らなきゃ...」「クセになる」「来週が待てない」とSNS上でも話題をさらっている。

先週放送の第4話では、純粋かつ熱い想いを自分にぶつけてくる晶(岡田健史)に惹かれている自分に気づいた聖(有村架純)。花火大会ではすれ違いながらも、海辺で偶然遭遇してしまった聖と晶は、想いが通じあったのを確かめ合うかのように口付けを交わした。そして、幸せをかみ締めながら帰路についた2人は、奇しくもそれぞれの様子の異変に勘付きはじめていた聖の婚約者・勝太郎(町田啓太)と晶の母・愛子(夏川結衣)と鉢合わせしてしまう...。2人の想いが通じ合ったキスシーンからの、目をそらしたくなるほどの最悪の修羅場を迎えたラスト数分間の衝撃に、「悲鳴上げた」「来週が待てない!」などとネット上を大いにザワつかせた。




そして、今夜放送の第5話では、修羅場のその後が描かれる。聖と晶だけではなく、婚約者の勝太郎、勝太郎に惹かれている原口、母親である愛子など、登場人物たちの様々な想いが錯綜。恋人の気持ち、親の気持ち、そして、自身の気持ち...。物語は、涙無くして見られない大波乱&衝撃の展開へ。果たして2人の運命は・・・?

胸に残る「ヒリヒリ」とした感情が後を引く...今一番エモいドラマ「中学聖日記」。第5話は今夜10時放送。

■第5話あらすじ(11/6放送)
夜の砂浜でキスをしてしまった聖(有村架純)と晶(岡田健史)は、聖のマンションの前で勝太郎(町田啓太)と愛子(夏川結衣)と鉢合わせをしてしまう。我に帰った聖は、勝太郎に話をしようとするが、勝太郎は「信じてる」というばかり。翌日、塩谷(夏木マリ)から学校へ呼び出された聖は、同席した愛子の前でこれまでの経緯を説明するが・・・。一方、愛子が学校に行ったことを知った晶は、上布(マキタスポーツ)の制止を振り切って、学校に向かう。そこで、自宅謹慎を命じられた聖と会ってしまい・・・。

(c)TBS

この記事の画像一覧 (全 5件)