三代目JSB山下健二郎、恋敵・細田善彦と一騎打ち「Love or Not 2」第5話

TV 公開日:2018/11/02 11
この記事を
クリップ

三代目 J Soul Brothersの山下健二郎主演で、dTVとFODにて好評配信中のドラマ「Love or Not 2」の、第五話が2018年11月2日(金)より配信スタート。本作は、山下健二郎の初主演ドラマとして注目され話題を集めた前作「Love or Not」の反響を受け製作された続編で、彼女にフラれて大ピンチの崖っぷち男が愛を取り戻すまでを描く逆転ラブコメディだ。共演は前作から続投の本仮屋ユイカ、町田啓太、浅見れいな、八木将康、水沢エレナに加え、新キャストとして佐津川愛美、細田善彦が参戦している。




いよいよ残すところ二話となり、物語も終盤へと入っていく。第四話では、久しぶりに再会した幸助(山下)と真子(本仮屋)が、真子に想いを寄せる一平(細田)と鉢合わせる。そして真子は幸助に、一平のことが好きだと伝えるのだった…。

第五話あらすじ
一平が好きだという真子の告白を聞いた幸助は、彼女のことを忘れようとあずさ(佐津川)とともに仕事に没頭する。しかし、頭の片隅では真子の存在が忘れられず、ひとり葛藤していた。
一方、真子への想いを募らせていく一平は、罪悪感に駆られついに真子ら親子への詐欺を止めることを決意し、上司に対し彼らから手を引いてくれないかと反抗する。
そんななか真子は父・誠司(泉谷しげる)の抱える借金を解決するべく実家を訪れるが、幸助と別れたことを指摘され、逆に説教をされてしまう。思うように話ができず悩んでいたその時、真子は誠治の部屋であるものを発見する…。
そのころ幸助はというと、悪徳不動産業者に金を騙し取られていた草太(八木)から、その業者の場所を突き止めたからと呼び出され、付き添いとしてそこに突入することになってしまう。するとそこには、ある人の姿が…。

なお、「05-7007-1700」に電話をかけると山下演じる宇佐美幸助が電話に出てくれるというキャンペーン「Call or Not」も絶賛実施中。第一話より通話内容が毎週更新されてきたが、今回が最後のパターンとなる。本キャンペーンは11月4日(日)までとなるので、おかけ忘れのないように。

また、第五話の配信に合わせて第一話〜第四話のダイジェスト映像を本日より公開。今まで見逃してしまっていても、これを見ればすぐに追いつくことができる。

ドラマ「Love or Not 2」
2018年11月2日(金)第五話配信!(毎週金曜日更新/全六話)
第一話無料公開中!


(C)エイベックス通信放送/フジテレビジョン

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)