ガッキーが松田龍平を誘う夜!?恋の獣が動き出す「けもなれ」大波乱の第4話

TV 公開日:2018/10/31 11
この記事を
クリップ
}/

新垣結衣松田龍平W主演のドラマ「獣になれない私たち」(日本テレビ系、毎週水曜よる10時)の第4話が明日10月31日(水)放送となる。

同ドラマは初回放送から、笑顔で完璧に仕事をこなす一方で、彼氏との悩みも抱え、実は身も心もすり減らしながら生きている晶(新垣結衣)の姿に女性視聴者から共感の声が殺到し話題を呼んでいる。




先週放送の第3話の終盤では、晶と京谷(田中圭)が京谷の元彼女・朱里(黒木華)の問題について言い合いになる場に居合わせた恒星(松田龍平)と呉羽(菊地凛子)。帰りに恒星が晶を送る一方で、呉羽がタクシーで京谷に突然キスをするシーンが放送されると、「うわ〜〜!」「突然すぎてやばかった」「衝撃キスシーンはめちゃびっくり」「思わず叫んでしまった」「呉羽さんが獣すぎる」など、急展開に驚愕する視聴者が続出、呉羽にも京谷にも賛否両論の意見が飛び交う中、先の読めない展開に期待する声が多く上がった。

明日放送の第4話では、本能のまま生きる猛獣キャラの呉羽の行動によって衝撃の展開を迎えることになる。晶は京谷がなくしたスマホを呉羽が持っていることを知り、京谷の代わりに受け取りにいくが、そこで衝撃の事実を告げられ、パニックのまま思わず恒星の事務所に駆け込む。放送中のPRでは晶が恒星にむかって「バカになれたら楽なのに・・・バカになります?」と意味深につぶやくという気になるシーンも入っており次の展開が全く読めない同ドラマ!!
今週は特に見逃せない回となりそうだ。

<第4話あらすじ>
5tapに集まった恒星(松田龍平)、呉羽(菊地凛子)、マスターのタクラマカン斎藤(松尾貴史)が見守る中、一向に解決しない、4年も家に居座り続ける元カノ・朱里(黒木華)のことで言い合いになった晶(新垣結衣)と京谷(田中圭)。

京谷を店に残して帰った晶は、あとで「今日はごめん」とスマホにメッセージを送るも、まったく既読にならない。

次の日、会社では部下の筧(吉村界人)が、京谷が二日酔いのうえ、シャツとネクタイが昨日から変わってないことを指摘する。はぐらかす京谷だが、スマホをなくしたことに気づき焦って色々な場所を探し回っていた。

一方、5tapに立ち寄った晶は、京谷がスマホをなくしており、それを昨日タクシーで一緒に帰った呉羽がもっていることを知る。申し訳なさそうに、スマホを京谷の代わりに受け取りにいこうとする晶を見て、その場にいた恒星はイヤな予感がしていた。そして呉羽から昨晩起きた衝撃の事実をきいた晶は、パニックのまま恒星の事務所にかけこんできて・・・!



この記事の画像一覧