なら国際映画祭 前日の出来事とその日の見どころをお伝えするフリーペーパー「DAILY NEWS Vol.5」を22日に発行

プレスリリース 公開日:2022/09/22

◆「なら国際映画祭」とは 

「なら国際映画祭」は、平城遷都1300年目となる2010年に始まった隔年開催の映画祭です。第7回目の開催となる本年度は、17日(土)から19日(月)に次世代を担う子どもたちの応援プロジェクト「なら国際映画祭for Youth 2022」をおこない、19日(月)から24日(土)は、インターナショナルコンペティションや学生コンペティションをはじめ、カンヌ映画祭2022の短編受賞作品などが揃う「なら国際映画祭」をおこないます。

◆開催概要

開催日時

2022年9月17日(土)〜24(土)

開催場所

詳しくは、URL先にてご確認ください。https://nara-iff.jp/2020/map/

参加方法

特設Webサイトよりお申し込みいただけます。https://nara-iff.jp/2020/



◆「DAILY NEWS 」とは

なら国際映画祭の様子を最速でお伝えするフリーペーパーです。映画祭に訪れた俳優・映画監督の対談記事や、期間中に上映された映画作品の解説などを、映画祭開催中に取材・編集し、最新情報をいち早くご来場者さまに発信することを目的に発行しています。

9月22日(木)発刊の「DAILY NEWS vol.5」は、学生が手掛けた作品を対象に、世界中から集められた映画・映像作品の中から最も優れた作品を選ぶコンペティション「NARA-wave」に関して特集しています。DAILY NEWS 本文は、以下URLよりご覧ください。

https://nara-iff.jp/2022/news-ja/daily0922/

タイトル

なら国際映画祭「DAILY NEWS Vol.5」

発行日

2022年9月22日(木)より会場内にて順次配布

掲載記事

「NARA wave」について/その映画レビュー

 

◯ 主 催

法 人 名:特定非営利活動法人 なら国際映画祭

業 種 区 分:財団法人・社団法人・宗教法人

U R L:https://nara-iff.jp/

代 表 社 名:森田 洋平

上 場 区 分:その他

 

◆2022年9月22日(木)開催プログラム

開催場所:奈良市ならまちセンター市民ホール

プログラム内容:

1. インターナショナルコンペティション「ドストジ」10:00〜12:10
2. インターナショナルコンペティション「プッシング・バウンダリー」(13:00〜15:10)
3. インターナショナルコンペティション「フェザー」(15:30〜17:40)
4. インターナショナルコンペティション「バージン・ブルー」(18:15〜20:10)

開催場所:奈良公園バスターミナルレクチャーホール

プログラム内容:

1. ナラティブ2010「光男の栗」「びおん」(10:00〜12:00)
2. ナラティブ2012「祈」(13:00〜14:15)
3. ナラティブ2014「ひと夏のファンタジア」(15:30〜17:00)
4. ナラティブ2016「東の狼」(18:00〜19:20)

開催場所:東大寺総合文化センター・金鐘ホール

プログラム内容:

1. 沖縄特集「ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記」(10:00〜11:30)
2. 沖縄特集「清春芸術村 百年桜と琉球舞」(13:30〜15:00)
3. 沖縄特集「岡本太郎の沖縄 (完全版)」(17:00〜19:00)

開催場所:エヴァンズ・キャッスル・ホール

プログラム内容:

1. 「ナラウェイブ」プログラムC(10:00〜12:10)
2. 「ナラウェイブ」プログラムD(13:00〜15:10)

開催場所:春日大社感謝共生の館

プログラム内容:

1. 寺社仏閣特別上映「神々の社、祈りの美」11:00〜13:30
2. 寺社仏閣特別上映「映像詩、春日のいのち」15:00〜17:30

開催場所:奈良市ならまちセンター芝生広場(野外)

プログラム内容:

1. 自転車発電上映会「少女は自転車に乗って」(18:30〜20:30)


◆22日(木)上映作品

・インターナショナルコンペティション作品(厳正な選考をくぐり抜けた、世界中の若手監督作品のみが集まるメインコンペティション)




『ドストジ 〜TWO FRIENDS〜』 TWO FRIENDS
■監督:プロスン・チャタルジ
■インド
■作品時間 111分



『プッシング・バウンダリー』 PUSHING BOUNDARIES
■監督:レシア・コルドーネッツ
■スイス
■作品時間 102分



『フェザー』 FEATHERS
■監督:オマール・エル・ゾーヘアリ
■エジプト、フランス、オランダ、ギリシャ
■作品時間 112分



『バージン・ブルー』 VIRGIN BLUE
■監督:シアオユー・ニウ
■中国
■作品時間 100分


・ナラティブ2010


『光男の栗』 LAST CHESTNUTS
■監督:チャオ・イェ
■中国・日本
■作品時間 60分



『びおん』 BION
■監督:山崎 都世子
■日本
■作品時間 60分



・ナラティブ2012

『祈 - Inori』 INORI
■監督:ペドロ・ゴンザレス・ルビオ
■メキシコ 日本
■作品時間 72分



・ナラティブ2014

『ひと夏のファンタジア』 A MIDSUMMER’S FANTASIA
■監督:チャン・ゴンジェ
■日本・韓国
■作品時間 96分



・ナラティブ2016

『東の狼』 THE WOLVES OF EAST
■監督:カルロス・M・キンテラ
■日本・イギリス・スイス・ブラジル・キューバ
■作品時間 79分


・沖縄特集

『ちむぐりさ 菜の花の沖縄日記』 CHIMUGURISA
(c)沖縄テレビ放送
■監督:平良 いずみ
■日本
■作品時間 106分



『清春芸術村 百年桜と琉球舞踊』 KIYOHARU ART VILLAGE : HUNDRED YEARS CHERRY BLOSSOMS AND RYUKYU BUYO DANCE
■日本
■作品時間 23分



『ドキュメンタリー映画 岡本太郎の沖縄(完全版)』TARO OKAMOTO’S OKINAWA (COMPLETE VERSION)
©2022シンプルモンク/岡本太郎の沖縄制作委員会
■監督:葛山 喜久
■日本
■作品時間 131分


・「ナラウェイブ」プログラムC

【C1】 『アコーディオン』 ACOORDION
■監督:エメットジャン・メメット
■中国
■作品時間 36分



【C2】 『裸足』 Barefoot
■監督:田之上 裕美
■日本
■作品時間 16分




【C3】 『ただいま』 Hometown Lullaby
■監督:劉波(リュウハ)
■日本
■作品時間 48分


・「ナラウェイブ」プログラムD

【D1】『明ける夜に』 All Summer Long
■監督:堀内 友貴
■日本
■作品時間 95分



・寺社仏閣特別上映


『神々の社、祈りの美』 THE GATES OF SHINTO
■監督:ジャン=クロード・ルブチャンスキー、 ガブリエル・ルブチャンスキー、 マイケル・ ルブチャンスキー
■作品時間 66分




『映像詩、春日のいのち』
■監督:保山 耕
■日本
■作品時間 40分



・自転車発電上映

『少女は自転車にのって』 WADJDA
■監督:ハイファ・アル=マンスール
■サウジアラビア・ドイツ
■作品時間 97分