大物たちの口から飛び出た驚愕の最新情報とは?JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCEが開幕

PR 公開日:2018/06/27 64
この記事を
クリップ
}/

快晴の夏日和という6月26日(火)、東京国際フォーラムにて、日本最大級のブロックチェーンカンファレンス「JAPAN BLOCKCHAIN CONFERENCE 2018」が開幕となった。

オープニングスピーチを元経済産業省北海道経済産業省局長の増山嘉一氏が務め、ブロックチェーン技術が人類史に残る三大発明を凌ぐ第四の発明となることを予見すると、続いてSBIホールディングス株式会社代表取締役執行役員社長・北尾吉孝氏が基調講演を行うという超豪華なラインナップでスタート。






なお、「SBIグループが挑むブロックチェーン革命」と題された北尾社長の同講演では、今後のブロックチェーン技術は仮想通貨のみならず農産物の原産地証明や犯罪捜査など幅広く応用されていく可能性が高く、身近な部分への応用としては、個人差が大きく人体実験にも近い薬の投与があった抗癌剤治療にも的確な措置方法が導き出せるという点や、住宅ローン審査がスピーディーかつ的確なものになるという点、自動車などの保険料が引き下げられる点などが語られた。

一方で仮想通貨のシェアは今後も拡大の一途を辿るとしながらも、既存の仮想通貨王者ビットコインには将来性を感じていないようで、既に83%彫り尽くされているという点、シェアの縮小といった問題点を指摘し、北尾社長は独自にSBIグループ企業での利用を中心にユーザーにメリットの高い「Sコイン」を開発中であることを明かした。

このビットコインに若干将来性が乏しく、代わりに「ビットコインキャッシュ」が有用であるという持論は続いてVTR講演を行ったbitcoin.com CEO ロジャー・バー氏も同意見のようで、このようなビットコインキャッシュでの経済の自由度が飛躍的に高まり、結果的に世界の貧困問題や経済成長率にも大きく貢献できると自信を伺わせた。

オープニング早々に大物たちの口から飛び出た驚愕の最新情報の数々。

その後の当日の様子はニコニコ生放送で配信されており、様々なキーマンの講演や出展企業ブースのPRなど、会場の熱気を余すところなく伝えていた。




【週刊仮想通貨トピックス】Japan Blockchain Conference会場から生中継(タイムシフト視聴のみ)

http://live.nicovideo.jp/watch/lv313961333

この記事の画像一覧