YOSHIKI、ももクロに「今度、曲でもつくりましょうか」

ニコニコ 公開日:2018/08/30 11
この記事を
クリップ

25日(土)、26日(日)、27日(月)にニコニコチャンネルでアーティスト部門1位を独走中の「YOSHIKI CHANNEL」で、「3周年記念SP」が放送された。

初日はハリウッドからYOSHIKIのパフォーマンスが生中継され、翌日にはYOSHIKIが24時間テレビ出演のため緊急帰国し、その直後「YOSHIKI CHANNEL」に出演した。番組では、清春ももいろクローバーZ水野良樹いきものがかり)、FLOWINORANLUNA SEA)計5組の豪華ゲストと対談した。

YOSHIKIとは初の対談となった、ももいろクローバーZ。下積み時代のエピソードや“海外公演あるある”など、ジャンルを超えた二組が共感し合う場面もあり、大いに盛り上がった。そして生セッションでは、YOSHIKIのピアノ演奏に合わせてメンバー全員で歌う『白金の夜明け』と、赤色担当の百田夏菜子が歌う『紅』を披露。前日に清春が歌った『紅』で「くろない(黒紅)」という造語が画面上に飛び交ったように、ここでも「ももない(桃紅)」の造語が殺到した。YOSHIKIは桃色に染まった紅の余韻に浸りながら「ももクロにはオーラがある。」と絶賛。「今度、曲でもつくりましょうか」というまさかの一言に、「今なんていいました(驚)!?」とメンバーは何度も確認をし、 熱望する様子を見せた。

清春との対談では、ここでしか聞けない貴重なトークが次々と飛び出し、清春色に染まった『紅』の反響も大きく、「黒紅(くろない)」にしびれたファンたちからは早くも再共演を望む声が続々届いた。




いきものがかり水野良樹を迎えた同番組初となる「Wヨシキ」対談では、「AIと人間の作る音楽の違い」などクリエイターならではトークが繰り広げられた。楽曲制作に対する姿勢など、二人は共通点を次々に発見しトークはどんどん白熱。そして、いきものがかりの『SAKURA』が話題にのぼると、YOSHIKIがその曲を即興でピアノ演奏し、本人の感激はもちろんことネット上のファンも大騒ぎの事態となった。

FLOWとの対談では、メンバーのKOHSHI・TAKE兄弟は、X JAPANがきっかけでバンドを始めたほどの大ファンだと明かし、24年前のX JAPANの東京ドームライブにて限定で配られた『Longing~跡切れたmelody~』のデモテープを自ら持参。YOSHIKIとの生セッションでは、FLOWの『COLORS』とX JAPANの『WEEKEND』が披露され、最後には『Longing~跡切れたmelody~』をYOSHIKIがピアノで演奏、メンバーは感極まった。

LUNA SEAINORANとのトークでは、6月にYOSHIKIが出演した「LUNATIC FEST. 2018」の話題に。実は約30年来の仲でありながら、ステージ上での初めてのコラボだったというLUNA SEAYOSHIKIの『I for You』。INORANLUNA SEAにとっては同曲にピアノが加わることも初めてであり、YOSHIKIとの共演を幸せな時間だったと振り返ると、YOSHIKIも「やっていて愛情を感じた」と、しみじみと当日の心境を語った。

また「ゲーム大会 YOSHIKI CUP」では、世界でも活躍しているプロゲーマー達が勢ぞろいし、バンドメンバー達と繰り広げられた熱い対戦は大きな盛り上がりを見せた。今後、毎月、番組内でトーナメントが行われ、賞金300万円をかけた決勝戦が年末に行われる。

ほか番組内では「X JAPAN Live 日本公演 2018~紅に染まった夜~ Makuhari Messe 3Days」のFC二次受付を行うことが発表された。 FC二次受付は、9月1日(土)・2日(日)の2日間のみ受付が行われる。

3日間を通して、 ここでしか聞くことのできない秘話が連発した「YOSHIKI CHANNEL」では、早くも次回、8月31日(金)、9月1日(土)、9月15日(土)の生中継がされることが発表された。 8月31日・9月1日では、「EVENING WITH YOSHIKI 2018」会場からの生中継が行われる。 あまりにも人気が高く、発表とともに全10公演が即ソールドアウトとなり、一般販売では競争率100倍超えで一部のファンにしか見ることができないディナーショーの、貴重なショーの一部や興奮必至のチャリティーオークションなどが放送される。

9月15日には、X JAPANとして出演する「テレビ朝日ドリームフェスティバル」終了後、YOSHIKI楽屋からの“スペシャル番組”が放送される。今後の放送をお見逃しなく。

この記事の画像一覧 (全 2件)