ゲーム実況者わくわくバンド、先入観を覆す圧倒的スキルにハマる

ニコニコ 公開日:2018/06/13 100
この記事を
クリップ
}/

YouTubeやニコニコ動画でのゲーム実況や、音楽活動を中心に、みんなが“わくわく”できることを追求していくという「ゲーム実況者わくわくバンド」。

今年1月には日本武道館で行われたゲーム実況イベント『ゲーム実況わくわくフェスティバル ver.5 ~武道館スペシャル~』に出演し、ライブ演奏を披露。

さらに3月には人気テレビアニメ『BORUTO-ボルト- NARUTO NEXT GENERATIONS』のエンディングテーマ曲として採用されたメジャー第一弾シングル『デンシンタマシイ』をリリースするなど破竹の快進撃が続いている。

そんな、わくバンが5月26日(土)中野サンプラザホールにて「ゲーム実況者わくわくバンド 8th コンサート ~オレたちがわくわくバンドだ!~」を開催した。


まず驚かされるのはゲーム実況者という先入観を良い意味で裏切られる彼らの圧倒的な歌唱力と演奏スキル。

この“ギャップ萌え”とも言えるハイクオリティなパフォーマンスには釘付けにされてしまうほどで、彼らのステージには女性に交じって男性客の姿も多く見受けられる。

この日は1曲目から今や彼らの代表曲とも言える「デンシンタマシイ」という驚愕のセットリストに会場のボルテージも常に最高潮をキープ。

そして、この流れを更に異次元の熱さに導いたのは…。もちろんゲーム実況コーナー!


ぐにゃぐにゃ人間を操り、自分以外の全員をステージから突き落としたら勝ちという乱闘ゲーム「Gang Beasts」に挑む彼らのゆるく熱いバトルっぷりには、終始爆笑の渦が絶えず、Twitter上には「バンドパートはもちろんカッコイイんだけどゲーム実況パートでめっちゃ笑った腹つるかと思った」「笑いすぎて涙出た」「嫌なこと続きだったけど、そんなこと忘れられるくらいにMCとゲーム実況には笑わしてもらったし」といった報告ツイートが多数見受けられたほど。


さらに盛りだくさんの8thコンサート!なんと、豪華な3人編成の「わくわくホーンズ」が参戦となり、重厚感を増した楽曲アレンジが次々と披露された。そして今回カバー曲として披露されたのは『銀河鉄道999』。これには幅広い年齢層のファンが反応、実際に鳥肌モノの完成度となっていた。

さらに、この日初披露となった新曲『シグナル』は、PS4新作ゲームソフト『NARUTO TO BORUTO シノビストライカー』イメージソングに決定したことが報告され、会場はこの日一番の熱さと盛り上がりを見せた。

どこを切り取っても大満足がみっちり詰まっているという贅沢さのまま幕を閉じた「ゲーム実況者わくわくバンド 8thコンサート ~オレたちがわくわくバンドだ!~」。

これは早くも伝説のライブと語り継がれても良いほどの神回だったのではないだろうか。