「ネット流行語100」2022年間大賞は「ウタ」に決定 『SPY×FAMILY』キャラもランクイン

ニュース 公開日:2022/12/12 9
この記事を
クリップ

12月12日(月)、「ネット流行語 100」年間大賞2022表彰式が開催され、年間大賞が『ウタ(ONE PIECE FILM RED)』に決定した。



2018年にスタートし、今年で5回目の開催となった「ネット流行語100」では、「ニコニコ大百科」「ピクシブ百科事典」の各単語ページにおけるアクセス数の昨年比の差分にもとづき、今年ネットで最も流行った100単語をノミネート。表彰式では、100単語をランキング形式で発表し、大賞のほか、ニコニコ賞とpixiv賞を決定した。


年間大賞に選ばれた『ウタ(ONE PIECE FILM RED)』は、人気漫画『ONE PIECE』の劇場版として今年8月に公開された『ONE PIECE FILM RED』に登場するキャラクター。



“世界の歌姫”として名を馳せる彼女は主人公ルフィの幼馴染であり、四皇・赤髪のシャンクスの娘。物語の重要なカギを握っている。ウタの歌唱キャストを歌い手・Adoが担当したことも大きな話題を呼び、今年の音楽界でも一大ムーブメントを巻き起こした。第3位には主人公である『モンキー・D・ルフィ』が選ばれ、漫画連載も最終章に入り盛り上がり続ける『ONE PIECE』が2022年を席巻したことを証明するランキングとなった。


そして第2位には、“衝撃の小学生ドラマ”を描いたマンガ作品『タコピーの原罪』、第4位にはスーパー戦隊シリーズの王道を覆す斬新な展開で人気を集める『暴太郎戦隊ドンブラザーズ』が選ばれた。


ニコニコユーザーによるアンケートで選ばれるニコニコ賞は『ずんだもん』に決まった。『ずんだもん』は、東北6県全体を盛り上げるイメージキャラクター「東北ずん子」の武器に変身する、ずんだ餅の妖精。登場した当初、ファンアートは多くはなかったものの、公式が突如、ずんだもん人間変身バージョンを発表。さらにテキスト読み上げソフトへの対応で自由に喋らせることができるようになり、人気・認知度ともに急上昇し、ゲーム実況プレイ動画などで幅広く活躍している。


また、昨年よりもpixivへの投稿数が増えたタグ(単語)が対象となるpixiv賞は『SPY×FAMILY』が選ばれた。『SPY×FAMILY』は、遠藤達哉氏が「少年ジャンプ+」にて2019年より連載しているアクションコメディマンガで、2022年11月時点のシリーズ累計発行部数は2700万部を突破し、数々の漫画賞を受賞している。同作は2022年4月にテレビアニメもスタートし、人気が拡大している。そして、5位の『ヨル・フォージャー』や10位の『アーニャ・フォージャー』といった主要キャラクターに関連する投稿がpixivでも増え、pixiv賞の受賞に至った。


1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 5件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント