「松村北斗(SixTONES)×ヴァロットン展」撮りおろしグラビアも、美術展ベスト25発表

ニュース 公開日:2022/11/28 13
この記事を
クリップ

『芸術新潮』(株式会社新潮社)が選ぶ、2023年注目の美術展ベスト25が発表。『芸術新潮』2022年12月号(11月25日発売)は、今すぐ使える最新版の美術展特集。この12月から翌2023年11月までに開催されるおよそ100展の情報をいち早く届ける。撮りおろしスペシャルグラビア「松村北斗SixTONES)×ヴァロットン展」、別冊付録「CALENDAR for Art Lovers 2023」も。



『芸術新潮』編集部が毎年総力を挙げて届ける年末恒例の美術展特集。来年注目のベスト25展が発表(掲載は開催月順)。開催概要はもちろん、担当学芸員のコメントもまじえて目玉作品や見るべきポイントを紹介している。



また、撮りおろしスペシャルグラビア「松村北斗(SixTONES)×ヴァロットン展」のほか、鼎談「推し展 in 2023」では、東京都美術館館長の高橋明也氏、コラムニストの辛酸なめ子氏、アートテラー・とに~氏という、アートへの深い愛をもつお三方に、来年気になる展覧会について語ってもらった。


【2023年注目の美術展ベスト25】

01 マリー・クワント展

02 クリスチャン・ディオール、夢のクチュリエ

03 大阪の日本画

04 レオポルド美術館 エゴン・シーレ展 ウィーンが生んだ若き天才

05 甲斐荘楠音の全貌―絵画、演劇、映画を越境する個性

06 芳幾・芳年 ―国芳門下の2大ライバル

07 ルーヴル美術館展 愛を描く

08 特別展 恐竜図鑑 ―失われた世界の想像/創造

09 特別展 東福寺

10 東京国立近代美術館70周年記念展 重要文化財の秘密

11 森美術館開館20周年記念展 ワールド・クラスルーム:現代アートの国語・算数・理科・社会

12 幕末土佐の天才絵師 絵金

13 親鸞聖人生誕850年特別展 親鸞―生涯と名宝

14 マティス展

15 特別展「古代メキシコ ―マヤ、アステカ、テオティワカン」

16 ガウディとサグラダ・ファミリア展(仮称)

17 ABSTRACTION 抽象絵画の覚醒と展開 セザンヌ、フォーヴィスム、キュビスムから現代へ

18 私たちは何者? ボーダレス・ドールズ(仮称)The Infinite World of Japanese Dolls: From Religious Icons to Works of Art

19 テート美術館展 光 ―ターナー、印象派から現代へ

20 永遠の都―世界遺産ローマ展

21 福田美蘭展(仮称)

22 イヴ・サンローラン展

23 「キュビスム・レボリューション」展(仮称)

24 特別展 やまと絵 ―受け継がれる王朝の美―

25 モネ 連作の情景


■『芸術新潮』2022年12月号

2022年11月25日(金)発売


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)

KEYWORD

注目のキーワード

TREND

トレンド

PRESENT

読者プレゼント