長谷川ミラ 大平修蔵ら、次世代イノベーター登壇『Forbes JAPAN 30 UNDER 30 2022』

ニュース 公開日:2022/08/26 6
この記事を
クリップ

『Forbes JAPAN』(リンクタイズ株式会社)が、日本発「世界を変える30歳未満」の30人を選出する『Forbes JAPAN 30 UNDER 30 2022』を2022年8月22日に発表。授賞セレモニーが25日、「WITH HARAJUKU HALL」にて開催された。



セレモニーでは、今回の受賞者30名の中から、大平修蔵、江崎文武、げんじ、長谷川ミラ、Reiの5名が登壇、受賞のコメントが語られた。またミニトークセッションも実施し、次代を担う新たなリーダーが描く未来について話した。


大平修蔵「SNSを通じて世界中の方々とつながり、地球上の全ての人たちに愛や幸せ、笑顔を届けることを自分なりの方法で続けてきました。この賞をいただけたことで、それが報われたと思いますし、背中を押されたような気がします」


江崎文武「まだ社会に貢献できたり、世の中のためになるような活動が十分にはできてはいないと思うのですが、自分のつくっている音楽で毎日を楽しく過ごせたり、音に興味をもってくれたりする人が少しでも増えたら」


げんじ「最初はSNSでファッションの情報を発信して、服の楽しさや魅力を伝えていました。アパレルブランドを立ち上げたことで、服の商品としてのすばらしさや着る時の楽しさなど、発信の幅が広がっていきました。今後は、自分のことを知らない人にも届くようなブランドに成長させると同時に、引き続き情報発信を頑張っていきたいです」


長谷川ミラ「20歳の時に決めた目標が、25歳までにこの賞に選ばれることだったので、こうしてちょうど25歳で受賞できて感動しています。引き続き社会問題について、楽しくかっこよく、自分らしく発信していければと思います」


Rei「私は帰国子女で、言語に対してコンプレックスを抱いていたのですが、第三の言語・音楽との出会いにより、世界とつながることができました。音楽の力によって孤独に苦しんでいる誰かが、解放されたり、人を愛する美しさに気づくことができたらいいなと思っています」


質疑応答では、「人生観が広がった瞬間は」と聞かれ、Reiは「数年前にフランスの大きなフェスに出る機会があり、2万人くらい収容するステージで、女性のドラマーと2人で出演しました。始めはお客さんがまばらだったのですが、音楽に引き寄せられるように増えていきました。英語はとても便利ですが、音楽の本質的な力が国境や性別、価値観を越境するのだと実感した経験でした」と回答。


同じ質問に対して大平修蔵は「人との出会いやタイミングが重なり、今こうしてここに立つことができていると思っているので、人との出会いが僕の人生を変えてくれたんじゃないかと思います。人生観について語るのはまだおこがましいと思いますが、人との出会いは、僕にとって本当に大事だと思っています」と答えた。


また、学生に向けたメッセージを問われ、げんじは「一言でまとめるなら『UXEIYO(ウェイヨー)』ですかね。何でもポジティブにかえてしまう言葉なんです」と笑いつつ、「何でも自分から行動したほうがいいと思います。学生のうちは指示されたからや、ということも多いと思いますが、自分からアクションしていけると良いと思います」と話した。


長谷川ミラは「『気にすんな』という言葉を送りたいです。特に大学生の時は、周りの子と自分を比べてしまう状況も多いと思うんですが、そういったところを気にせずに挑戦を続けることができれば、何か得られるものがあるのではと思います」と答えた。


(c)杉能信介


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)