弘中綾香、初エッセイ集発売決定 幼少期に始まる自身の半生振り返った“早すぎる回顧録”

ニュース 公開日:2022/07/27 6
この記事を
クリップ

『激レアさんを連れてきた。』『あざとくて何が悪いの?』『ノブナカなんなん?』に出演中のアナウンサー・弘中綾香の初エッセイ集が刊行される。このたび、書影と本人コメントが解禁となった。



数々のバラエティ番組に出演し、現役人気アナウンサーとして活躍しながらも、『Hanako.tokyo』や『ダ・ヴィンチ』『RiCE』という3媒体に連載を持ち、執筆活動にも幅を広げている弘中綾香。『Hanako.tokyo』の連載をまとめた初のフォトエッセイ『弘中綾香の純度100%』が5万部を突破するなど、出版シーンでも注目を集める。


そんな中で今回、満を持して刊行されるのは本とマンガの情報誌『ダ・ヴィンチ』の2年以上にわたる連載をまとめた『アンクールな人生』。その内容は、幼少期に始まる自身の半生を振り返った「早すぎる回顧録」(本人談)となっている。

【関連】弘中綾香 初のフォトエッセイがさらに重版、田中みな実の帯コメントも掲載決定


「かわいいだけじゃやっていけない」と悟ったという子供時代、自身が「暗黒期」と語る中学時代。そして現在のアナウンサー・弘中綾香の“骨格”を形作った高校時代を中心に、30代を迎えた今だからこそ紡ぎだすことのできる等身大の姿が、この一冊におさめられている。出版社の担当者は「テレビ業界に身を置く弘中さんが、この2年間以上、コロナ禍で執筆した文章たち。進路に迷う学生さんから、目の前の仕事に悩むサラリーマンまで、人生の次のステップに進むためのヒントが詰まった一冊になっています」とコメントしている。


<弘中綾香コメント>
この連載は、当時縁もゆかりもなかった「ダ・ヴィンチ」編集部から突然わたしの元に届いた一通の手紙から始まりました。はて、いったい何の用だろう?と中を見てみると「小説を書いてみませんか?」というあまりにも無謀なお誘いが書いてありました。そちらは丁重にお断りし、代わりになればと書き始めたのが、この「私が私になるまでの物語」です。私が実際に10代のころに経験し、今の自分の幹となるものを作り上げた思い出たちを詰め込んでいます。キラキラ輝いているものばかりではなく、どす黒く燻っているものもあれば、今でもチクチクと胸を刺してくるようなものもあります。沢山の皆さんに読んでもらいたいけれども、読まれるのは恥ずかしい!そんなアンビバレントな気持ちで発売日を待っています。



■『アンクールな人生』
【発売日】2022年9月14日
【著者】弘中綾香
【定価】本体1400円+税
【発行】株式会社KADOKAWA

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)

関連タグ