あまちゃん?女々しくて?「打率の上がる」楽曲を検証

ニュース 公開日:2013/08/20 27
この記事を
クリップ
}/

8月8日より開始された、第95回全国高校野球選手権大会。そう甲子園です!


甲子園といえば、もちろんグラウンドで、 美しい汗と涙を流す高校球児のみなさんが主役ですが、 私、いわゆる“おっさん”という年齢に差し掛かった人間にとっては、 テレビの前でビール片手にぼんやりと応援席のチアリーダーを眺めていたいイベントでもあります。

そうか、応援か。

ああそうか、いくぶん腹の出た私も応援はできるなと。

あんな風に応援されたら、球児たちも今までの地獄のような練習も報われちゃうんだろうなと。

ふとテレビを見ながら、応援が与える影響というものを考えてしまいました。


応援席では、ブラスバンドによる演奏が行われています。

この演奏と応援が球児たちに、試合で普段の練習以上の力を発揮させる効果があるのではないかと…

そうだ!やはり音楽の力は偉大なんだ。

甲子園の応援では今年も、定番の曲から最新曲まで、さまざまな楽曲が演奏されているようですが、 果たして楽曲によって効果に違いはあったりするのだろうか。

弊社スタッフ(私)がバッティングセンターで実践してきました。

題して、「打率のあがる楽曲」決定戦!


世界中にあまたある楽曲すべてを検証するのは骨が折れるので、 選りすぐりの2曲をチョイスして、検証してまいりました。

-------------------------------------------------

「女々しくて」
オリコン週間カラオケランキングで49週連続No1を達成した、今最も日本で歌われている曲。

「あまちゃん オープニングテーマ」
今もっとも旬な朝の連続テレビ小説。毎朝のお茶の間でながれている曲。

-------------------------------------------------

さて、当検証を行うバッター紹介です。



やぎちゃん
30才/独身/草野球チームに所属




とくひさぱいせん
33才/子持ち/草野球チームに所属




ながしま
32才/独身/痛風気味





意気揚々とバッティングセンターにやってきた我々(平均年齢31才)
暑い、非常に暑いです。
猛暑です。
高校球児は昼間の炎天下の下でプレーしてるんだなと思えば、 頭が下がります。
気を取り直して、 まずはノーミュージックでバットを振ります。
選んだのは球速90kmのお手軽コース。



【結果】



やぎちゃん:
28打数 ヒット性のあたり15本
打率5割3分5厘


徳久ぱいせん:
28打数 ヒット性のあたり12本
打率4割2分8厘


ながしま:
28打数 ヒット性のあたり1本
打率0割3分5厘


次に、ヘッドフォンをつけてバットを振る、振る、振る。




【結果】
「女々しくて」



やぎちゃん:
28打数 ヒット性のあたり20本
打率7割1分4厘



とくひさぱいせん:
28打数 ヒット性のあたり20本
打率7割1分4厘


ながしま:
28打数 ヒット性のあたり5本
打率1割7分8厘

「あまちゃん オープニングテーマ」


やぎちゃん:
28打数 ヒット性のあたり21本
打率7割5分



とくひさぱいせん:
28打数 ヒット性のあたり19本
打率6割7分8厘



ながしま:
28打数 ヒット性のあたり8本
打率2割7分5厘


検証の結果、どちらの楽曲でも奇跡的に打率が向上しました!これは間違いない!この2曲は普段以上の力を発揮させるだけの力があるようです。
では!この2曲を、甲子園で流れるようなブラスバンドの応援風にアレンジしてみると、さらに効果は増すのではないかと考えてみました。
ということで、ホントに作ってしまいました。ブラスバンド風にアレンジを加えた甲子園バージョンです!タイコやメガホンで刻むリズムが気分を高揚させ、 やる気が高まるように感じられます(あくまで個人の感想ですが)


音楽配信サイトdwango.jp(ケータイ・android・iPhone対応)にて、
『女々しくて 甲子園バージョン』
『あまちゃん オープニングテーマ 甲子園バージョン』の着メロを
dwango.jpの会員様には無料で配信中!


通常の楽曲よりも、どの程度効果が上がるのか興味深いですが、 先日の検証による肉体の疲労が残っているため、 回復したらまたバッティングセンターで検証をしてみたいと思います。

これを聞けば、仕事や勉強、さらには恋愛など、 生活の中でも、普段以上の力を出せるかもしれません。
みなさんぜひダウンロードして聞いてみてください!


dwango.jpで甲子園応援ソング特集を展開中!




http://r.dwango.jp/i800aIE2