『鬼滅の刃』を僅差で破りトップに躍り出た作品とは?dTV年末年始視聴ランキング発表

ニュース 公開日:2021/01/07 20
この記事を
クリップ

映像配信サービス「dTV」は年末年始の作品視聴ランキングを発表した。(※集計期間:2020年12月28日~2021年1月3日)



コロナ禍で在宅時間が増加している中、年末年始に最も多く視聴された作品は、人間の負の感情から生まれる化け物を呪術を使って祓う呪術師の闘いを描いたアニメ「呪術廻戦」が堂々の1位に輝いた。2020年10月からdTVで配信を開始し、徐々に視聴数を伸ばし始め、2020年12月の月間視聴ランキングでも社会現象になった「鬼滅の刃」を僅差で破りトップに躍り出た。書店ではコミックが売り切れるほどの人気で12月にはZOZOTOWNとコラボした限定アイテムを販売するなど、いま世の中で大注目を浴びている作品となっている。


第2位には昨年のdTV年間視聴ランキングでトップの「鬼滅の刃」。こちらも映画の興行収入が324億円を突破し歴代1位になるなど、まだまだ人気は衰えずdTVでの視聴数もぐんぐん伸びている。


第3位には今年4月に発売の別冊少年マガジン5月号で最終回を迎える「進撃の巨人」のアニメ作品「進撃の巨人 The Final Season」がランクイン、第8位には昨年10月のTV放送開始からじわじわと人気が出てきている「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」が入るなど、トップ10中のうち9作品がアニメ作品となっている。


今回唯一アニメ以外の作品でランクインしたのが、Kis-My-Ft2の初冠配信番組「キスマイどきどきーん!」。メンバーそれぞれが本当にやりたいことに挑戦したり、自身の楽曲を題材としたドラマ企画などをお届けするバラエティ番組で、多くの人気アニメ作品を抑えてのランクインとなった。


また、dTVではアニメ作品以外にも多くの人気作品が配信中。昨年12月には「デッドプール2」「キングスマン:ゴールデン・サークル」などの洋画や「ウォーキング・デッド」「プリズン・ブレイク」などの海外ドラマを約300タイトル追加し、今月からは「空飛ぶタイヤ」「映画 賭ケグルイ」など邦画も約200タイトル追加され、より豊富なラインナップとなった。


【dTV年末年始視聴ランキング】

1呪術廻戦(TVアニメ)

2鬼滅の刃(TVアニメ)

3進撃の巨人 The Final Season(TVアニメ)

4名探偵コナン(TVアニメ)

5ブラッククローバー(TVアニメ)

6ドラえもん(TVアニメ)

7ハイキュー!!TO THE TOP(TVアニメ)

8ドラゴンクエスト ダイの大冒険(TVアニメ)

9キスマイどきどきーん!(オリジナルバラエティ)

10クレヨンしんちゃん(TVアニメ)

(※集計期間:2020年12月28日~2021年1月3日)


▼dTV入会はこちらから


※本記事は掲載時点の情報です。